Hiroyuki⚽️Takada

教員として働きながら、フリーで国際協力をしています。

高田裕行の新たな挑戦

f:id:hiroyuki913:20200305045823j:image

(さよなら、ベナン🇧🇯)
f:id:hiroyuki913:20200305045815j:image

(さよなら、青年海外協力隊🌍)

 

 

 

Bonjour !!

Ça va??

いよいよ明日、青年海外協力隊としての任期を満了し、日本に帰国します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている今、私はコトヌー市内のカフェにいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私にとって国際協力とは何だったのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

溜め込んだ殴り書きのメモを机に並べ、今までのブログ記事を読み返し、付箋のついた本を見開きに、ベナンでの2年間が私に何をもたらしたのかについて「決着」をつけようとしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のブログ記事は「最終回

2年間の想いを綴りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、私が青年海外協力隊に参加した理由は「東日本大震災」だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

故郷の福島県いわき市福島第一原子力発電所から50キロ圏内にあり、放射能事故はもちろんのこと津波風評被害など深刻な被害を受けた。

f:id:hiroyuki913:20200305212259j:image

(私の頭まで波🌊が来ました)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知り合いが亡くなったり、見慣れた街の変わり果てた風景に言葉を失ったことを今でも覚えている。

f:id:hiroyuki913:20200305212748j:image

(震災発生後のいわき市の様子)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショックだった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はすぐさま大学院を休学し、教員採用試験の勉強を始めた。原発事故の終息の見通しがつかず、働かなければならなくなったからだ。

f:id:hiroyuki913:20200305225448j:image

(思い出の教室👨🏻‍🏫)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教員採用試験合格後は、東京といわきを往復しながら震災ボランティアに参加する生活を送った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海外からボランティアとして、たくさんの外国人が福島県に来ていることを知ったのは、その時だった。

f:id:hiroyuki913:20200306071129j:image

(子どもの頃サッカー⚽️をしてたいわき公園は仮設住宅に)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、私は初めて

国際協力」というものに出会ったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学校の体育館では、数人の外国人が避難所で寝泊りをしながら炊き出しをしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時、一人の青年が私にカタコトの日本語で「何か困っていることはありますか?」と話しかけた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいえ、大丈夫です

私はとっさに答えたが、彼のその優しさが、なぜかその時は心に染み入るように嬉しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこから私は国際協力について調べるようになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

専門家でなければ国際協力は難しいのか

凡人の私にでも何かできることはあるのか

恩を少しでも返したい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの時の、あの場面の、あの状況を胸に刻まなきゃいけないと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他者貢献なんて自分とは別世界の人がやるものだ」と思っていた私にとって、それは想像もつかない気持ちだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてJICAの「現職教員参加制度」を利用すれば、働きながらでも「国際協力」の世界で活動できることを知ったのが、震災発生からちょうど1年が経とうとしている頃だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこからというもの、

私の「国際協力」への想いは加速していった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「開発学」や「途上国の教育」「紛争」や「環境」といった類の本を読んで知識を集めたり、

f:id:hiroyuki913:20200306092536j:image

(学校帰りの子ども達🧒🏽)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教師海外研修で途上国の現場を視察したり、セミナーや開発指導研修に参加するなど、f:id:hiroyuki913:20200305052432j:image

(教師海外研修 in タイ🇹🇭)
f:id:hiroyuki913:20200305052440j:image

(難民の授業実践について約90名の方に発表しました。ちなみに1番手前の白いパーカーの男子は、私の教え子でした)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途上国の現場で「即戦力」になれるように、可能な限りの準備をしてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして2018年。

妻を日本に残すという決断をし「覚悟」と「あの時の想い」を胸にベナンに乗り込んできた。

f:id:hiroyuki913:20200305213041j:image

(出発前。羽田空港✈️)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つもりだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、現実は甘くなかったのだ。

私の想像を遥かに超えて「国際協力の壁」は高かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直、私は何もできなかった。

清々しいほどに「完敗」だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、私を悩ませたのは「配属先」だった。

朝8時に出勤しても誰もおらず、共に活動を相談して進めていくはずの「カウンターパート(配属先長)」とは結局3回しか会うことができなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はここで必要とされていないのだろう」そう気付くまでに時間はかからなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の知識や技術を教えるなんてレベルの話ではなく「私は何のためにここに来たのか?」自問自答する日々が続いた。

f:id:hiroyuki913:20200306060855j:image

(ここで何回自分と向き合ったことか。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ、止まっているわけにはいかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく「経験」や「知識」を現場の先生たちに伝えていこうとするも「焦る」気持ちが先走り、空回りしてばっかりだったように思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベナンの小学校では、満足な道具も教科書もない中で、授業をせざるを得ない状況だった。

f:id:hiroyuki913:20200305213305j:image

(算数セットがないので、石と木の棒で代用する✏️)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本ならまず失敗することなどない。そんな授業にも、ここでは手一杯だった。

f:id:hiroyuki913:20200305213213j:image

(1クラスに50人。先生不足で担任がいない学級があったりする)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまで私が授業を成功させてきたのは、自分の腕ではなかったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明治以降130年以上の教育の歴史の中で、誰かが作ってきてくれた技術や知識、設備や制度がそうさせていただけで、そんなものを失った私は、子ども達にたし算やひき算の一つも満足に教えることもできなかった。

f:id:hiroyuki913:20200305213352j:image

(算数の授業の様子。6年生にたし算の授業✏️)f:id:hiroyuki913:20200305225745j:image

(黒板は汚くて、板書も一苦労。ノートをとる生徒はもっと大変👨‍🎓)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教員8年目にして、そんなことも知らなかったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなヤブの私が、現地の人の立場に立って彼らの「教育の時計の針」を1秒でも進めたいなんて、考えてみれば、ずいぶんふざけた話だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで多くの挫折を経験してきたものの、正直ここまで「自信」を失くしてしまったのは初めてだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに加え、ベナン生活は困難を極めた。

停電や断水は当たり前で、任地で手に入る食材は、玉ねぎ、卵、オクラ、トマトなど限られたものばかりだった。料理のレパートリーが少ない私にとって、毎日がパスタかチャーハンの生活は、非常に苦しいものだった。

f:id:hiroyuki913:20200306062533j:image

(たまにバナナ🍌が買えました)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのうえ、家にはシャワーもなく、外で水浴びをする生活に徐々に身体は疲弊していった。

f:id:hiroyuki913:20200305213616j:image

(※カルピスウォーターではありません)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで私が頑張ってこれたのは、私自身の「能力」ではなく「頑張れる環境」があっただけなのだと、理解するのに2年間は十分過ぎる時間だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような状態で「燃焼」することなどできるはずもなく、活動は常に「体調」と相談しながら実施せざるを得なかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かを「与える」「恩を返す」つもりで来た青年海外協力隊だったが、実際は何もできなかったように思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、そんな私に、ベナン人はたくさんのものを与えてくれ、私は彼らから多くのことを学んだ。

f:id:hiroyuki913:20200305230628j:image

(ザポタキッズ🧒🏽)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば「自給自足」「自然と共生」するベナン人の生活は、日本人よりよほど持続可能な生活だった。

f:id:hiroyuki913:20200305231831j:image

(赤土の家に住む現地の人々🧒🏽)
f:id:hiroyuki913:20200305231817j:image

(炭と薪で食事を用意する様子🔥)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その生活に触れ「開発とは何か」について深く考えさせられた。

f:id:hiroyuki913:20200306055752j:image

(彼らは開発を望んでいるのだろうか🧒🏽)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、途上国での生活は厳しい。

しかし、もしドイツ人がひと家族ごとに持っているほどの車を、ベナン人も、セネガル人も、ガボン人もまた持つとしたら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この地球はどうなってしまうのだろう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人と同じようなレベルで70億の人々に消費と浪費が許されるとしたら、それを支えるだけの資源は今の地球にあるのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開発は本当に善なのか

開発」の先に「幸福」があるという前提が本当に正しいのか、根底から問い直すことができた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までさんざん地球資源を使いに使って開発してきた「(先進国)」が今さら「未来」の為に「開発」というものの考え方を見直す必要があると主張するなんて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途上国に暮らす人からすれば、どれだけ身勝手なのだろう、心は揺れ動いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他にも多数の民族が存在するベナン人から国籍や人種に関係なく、隣人として「多様性」を受け入れることの大切さを教えてもらった。

f:id:hiroyuki913:20200305232034j:image

(ベナンは多様な民族が共生する国🇧🇯)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも多様な社会とは誰の為にあるものなのだろう。

f:id:hiroyuki913:20200306062128j:image

(色とりどりのパーニュ🇧🇯)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はベナンで「マイノリティ」になって初めて多様性の当事者が「自分であることに気が付いた。

f:id:hiroyuki913:20200306072210j:image 

(みんな違ってみんないい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆったりとしたアフリカの空気の中で、まわりを見渡すと色々な人がいて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その状態が「普通」なんだということをベナン人から教えてもらった気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、こうした生き方を目の当たりにして、これまで生きてきた30年間、私が如何に自分が日本社会の「○○であるべき」という王道の基準に合わせて生きてきたか「生きづらさ」の正体に気がつくことができた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は一度パリに行ったほうがいい。多様で自由な社会の中で自分が想像以上に染み付いていた「普通」や「みんな」という価値観を洗い流したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それができないと「多様性」を生徒に教えることなど不可能に近い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本にいたら気づかなかった「多様性」について考えることを止めず、染み付いた価値観を洗い流す努力をしていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベナンに来て、時に上手に受け流すことのできない感情に、もがき苦しんだこともあったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その1つ1つが心を揺さぶる程の大きな刺激にとなり、確かな経験として積み重ねることができたように思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にベナン共和国に、ベナン人に感謝したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、帰国を目前にして、ベナンでの生活を通して、私の中に1つの疑問が芽生えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、本当に変わるべきなのは「途上国」ではなく「先進国」なのではないかという問いだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

衣服ロス

皆さんは、この言葉を聞いたことはあるだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ食べられる食品が捨てられてしまう「フードロス」に対し、まだ着られるのにも関わらず大量の衣服が廃棄されてしまう問題を「衣服ロス」というそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本では、ファストファッションの普及もあって年間10億着以上の新品の衣服が捨てられているという現実がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある日のことだった。

私の住んでいる任地ザポタでは、4日に1回のペースで市場が開かれ、食品や衣類など様々なものが売りに出される。

f:id:hiroyuki913:20200306064448j:image

(市場は活気に溢れています🧒🏽)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、私はある光景を目にしたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、先進国から送られてきたと思われる大量の衣服だった。

f:id:hiroyuki913:20200306065049j:image

(先進国から寄付された大量の衣服👕)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこには、背中に「○○高校」と日本語で書かれたポロシャツやTシャツなど日本から寄付されたと思われるものも多くあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は店員に「これ1枚いくら?」と尋ねた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると彼女は「50フラン」と答えたのだ。

日本円にして約10円という金額である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安く衣服が手に入ることは、途上国の人々にとって良いことかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、現地で洋裁ビジネスをしている人や服屋はどうなるだろう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これだけ安価なものが大量に流れ込んできては、商売にならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またベナンには、パーニュを仕立てて作る伝統的な民族衣装があることから、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このまま安価な衣服が先進国から流れ込んできては「文化」まで奪いかねないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大量に作って要らなくなったらリサイクルか途上国支援にまわせばいい」という考え方ではなく、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たち先進国の「消費」に対する考え方を見直さなければ、どれだけ現地で支援活動をしても問題の本質的な解決にはならない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変わるべきは私たち先進国の「考え方」「行動」「社会の在り方」なのではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこうした事例は他にもたくさんあり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

難民支援の裏側に先進国の利害関係があったり、失業率の背景に先進国企業の搾取など、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフリカの問題は、アフリカだけに原因があるのではなかったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に意味のある国際協力」をしていくためには、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

より大きな視点で物事を考えなければならないし、まずは私達、先進国の人間が自分達の足元を見なければならないのだと実感した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はこの「問い」について、先進国の人間として向き合っていきたいと思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、だからこそ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は国際協力を続けよう」と思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はここ最近、ベナン隊員で同じ想いを持った2人の仲間と数ヶ月に渡って、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国際協力を日常生活に」をテーマに、働きながらでも国際協力に関わってく新しいスタイルについて議論を重ねてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

走り続けることでしか開かない扉がある

ここで終わるのではなく、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教員を続けながら、フリーランスとして講演活動や出前授業を国内で実施したり、長期休暇を利用して2人の仲間と3人で現地、もちろんベナンで活動をしていくつもりだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、いつしか私自身が「教科書を超えた教材」になり「教室と世界をつなぐ」というミッションを体現していきたいと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前例はないかもしれないが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「人生の台本を書くのは自分」

修正しながら自分の納得いく人生を歩んでいきたいと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、そろそろ搭乗の時間だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2年間、応援してくださった方々、いつも背中を押してもらいました。苦しい時、支えてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高田裕行の新たな挑戦。

国際協力 第2章!

今後の活動もご期待ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、日本に帰ります!

また会う日まで!

f:id:hiroyuki913:20200318170404j:image

(さよなら、ベナン🇧🇯)

f:id:hiroyuki913:20200318233937j:image

(さよなら、青年海外協力隊🌍)

長友ドリーム-世界に広がれ夢の連鎖-

f:id:hiroyuki913:20200217013339j:image

(長友ドリーム成功しました!)

f:id:hiroyuki913:20200219160039j:image

(いい感じですね!)

 

 

Bonjour!!

Ça va??

ベナン生活も残り1ヵ月となりました。

来月、日本に帰ります👌今回は長友ドリームの様子をお伝えしたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運命を変えたTweetから6ヶ月。

ついに、長友ドリームが完結しました。

(長友ドリームを掴んだ経緯については下記のURLに記載してあるので、ぜひご覧ください!)

http://all-about-africa.com/takada-benin3/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長友ドリームが決まり、初めに取りかかったのはグラウンド整備でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はベナンの学校は、日本の学校のようにグラウンドが整備されてるわけではなく、草はボーボー、土はボコボコなんです。

f:id:hiroyuki913:20200217043232j:image

(写真では伝わらない悔しさ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボールはあるのに、サッカーする場所がない」では話になりません。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やるしかない!

そう覚悟を決めて、普段の算数の授業に加えてグラウンド整備をする日々が始まりました。

f:id:hiroyuki913:20200217044005j:image

(腰がやられました)
f:id:hiroyuki913:20200217044013j:image

(子ども達も手伝ってくれました!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約3ヶ月かかり、ようやく完成!

長い長い道のりでした😂

f:id:hiroyuki913:20200217044420j:image

(いい感じですね!)
f:id:hiroyuki913:20200217044415j:image
(長友ドリームのために、校長がお偉いさんに頼み込んで中古のゴール🥅を持ってきてくれました!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に「長友ドリームの目的」を正しく理解してもらうために掲示板を作成しました。

f:id:hiroyuki913:20200217053524j:image

(彼のあだ名は、おにぎり君🍙)
f:id:hiroyuki913:20200217053444j:image

(しっかり理解してくれたと思います)
f:id:hiroyuki913:20200217053438j:image

(効果抜群でした!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢をもつことの大切さ」や「長友選手の生い立ちや想い」そして「多くの人達の中から選ばれたこと」など

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただの支援ではなく「意味ある取り組み」にしたい。そう思い、何回も何回も子ども達とプリントを読み合わせをしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、いよいよ本番当日です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に長友ドリームの主旨をもう一度説明し、

f:id:hiroyuki913:20200217171746j:image

(ほぼ全員がユウトナガトモと答えられました👌)
f:id:hiroyuki913:20200217171732j:image

(指を指すのは、日本で言うところの手を挙げる行為と同じです🤞)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動画を見て、プレーのイメージを広げます。笑

f:id:hiroyuki913:20200217171901j:image

(長友選手がボールを持つとユウト、ユウトと声を上げる子ども達🧒🏽)
f:id:hiroyuki913:20200217171948j:image

(すげーって顔してました)

 

 



 

 

 

 

 

 

その後「実は練習着もある」とサプライズ!

子ども達は大興奮でした。

f:id:hiroyuki913:20200217172728j:image

(嬉しそうに服を受け取る子ども達🧒🏽)
f:id:hiroyuki913:20200217172703j:image

(迫力ある。笑)
f:id:hiroyuki913:20200217172710j:image

(強そう。笑)
f:id:hiroyuki913:20200217172722j:image

(身体能力めちゃくちゃ高いです。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしていよいよ、サッカー⚽️試合です!

試合は大盛り上がり!

木で作ったサッカーゴールと手作りのサッカーコートの上を子ども達は裸足で元気に駆け回りサッカーを楽しんでいました!

f:id:hiroyuki913:20200217173343j:image

(男子はガチ試合でした!)
f:id:hiroyuki913:20200217173351j:image

(ゴール前の混戦のクセが強い、)
f:id:hiroyuki913:20200217173329j:image

(真剣に応援しています📣)
f:id:hiroyuki913:20200217173319j:image

(得点シーンに歓喜!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、試合終了後はセレモニー。

いよいよ長友選手からの「夢のバトン」であるサッカーボール⚽️を受け取ります。

f:id:hiroyuki913:20200217190135j:image

(校長先生にマーカーとビプスを贈呈!体育で使ってほしい)
f:id:hiroyuki913:20200217190144j:image

(子ども達にサッカーボール⚽️がプレゼント)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん子ども達は大興奮。

ボールを大切に抱きしめる子どももいました。

f:id:hiroyuki913:20200219160246j:image

(歓喜に溢れていました)

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にみんなで写真撮影🤳

ご協力いただいた日本人のボランティアのみなさんにも感謝です。

f:id:hiroyuki913:20200219160509j:image

(いい感じですよ!)
f:id:hiroyuki913:20200219160546j:image

(ご協力ありがとうございました!)

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日、改めて学校に行きました。

2019年6月に、サッカーをしたことがないのに「サッカー選手になる」と意気込んでいたあの少年は、翌日には「佑都みたいになる!」とプロへチャレンジすることを決めたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長友選手にもらった「」というバトンを胸に、もしかしたら、近い将来W杯で長友JAPANと戦う日が来るかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未来に「」のバトン繋ぎました。

本当にありがとうございました。

長友佑都選手⚽️

f:id:hiroyuki913:20200219161139j:image

(長友ドリーム in ベナン🇧🇯 完)

「多様性は可能性」

f:id:hiroyuki913:20200122012106j:image

(一人一人が独立共和国。最後の総会を終えました)

f:id:hiroyuki913:20200122042801j:image

(最後の隊次服。テーマは「もし私達がCAだったらその飛行機は墜落するでしょう」です)

f:id:hiroyuki913:20200122054019j:image

(カタギとは思えない裏地。笑 八村塁スタイル。ベナンのトレンドです。笑)

 

 

 

 

 

 

Bonjour!!

Ça va??

いよいよ帰国まで残り2ヶ月になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールが見えてくると、日本に帰れる喜びがある反面、やはり寂しさもあるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日顔を合わせ「おはよう」「元気?」と声をかけ合うマダムや子ども達との触れ合いも

f:id:hiroyuki913:20200122021008j:image

(私は8家庭、約30人のベナン人と同じ長屋で暮らしています)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学校での活動から帰ってくると、家に水を飲みにくるフランシーとのカフェタイムも

f:id:hiroyuki913:20200122021618j:image

(冷蔵庫勝手に空けて飲みます。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学費を稼ぐために、サンダルを作って販売したあの日々も

f:id:hiroyuki913:20200122051043j:image

(プライベートブランド!高田のサンダル)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終わってしまうのだな」と。

日本に戻ったら忘れてしまうだろうベナンでの「日常」をしっかりと目に焼き付けておきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今はそんな気持ちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はベナンに来て共に生活している長屋のファミリーにすごく感謝していることが1つあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、彼らが私を「外国人」としてではなく「隣人」として扱ってくれたことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通、人は自分と異質なものを見たとき、わかっていても無意識に境界線を引いてしまうものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベナンで生活していても「シノワ(中国人)」と言われたり「ヒーハーヒーハー(ニーハオ)」と言ってバカにしてくる人もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで差別をされたことなんてなかったので、そんな毎日に心をすり減らした時もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未知なるものに触れた時、わかっていても人は驚いてしまうし、自分の周りの風景が全てかのように思い込み、それ以外の多様性に思いが至らないこともあるでしょう。それは、ある意味自然なことなのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、長屋ファミリーは違いました。

f:id:hiroyuki913:20200122012605j:image

(朝のクセの強い運動!)

f:id:hiroyuki913:20200122022316j:image

(変顔選手権🤪)

f:id:hiroyuki913:20200122053914j:image

(大人達は写真を嫌がって全然撮ってくれなかった)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼らは、私を特別扱いすることもなく、肌や言葉で差別することもなく、1人の人間として、いつも私に日常の空間を与えてくれた気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん喧嘩もたくさんありました。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の家の玄関で、トビがおしっこをした時、私は怒り「あなたの家にトイレはないのか!」と母親と口論してしまったこともありました。笑

f:id:hiroyuki913:20200122022413j:image

(今考えれば、大人が「おしっこ」で喧嘩をするなんてくだらない話です。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他にも、大音量で歌い、踊り出す一家に「クラブか!!」と怒鳴り散らしたこともありました。笑

f:id:hiroyuki913:20200122052614j:image

(これに関しては他の家も抗議していました。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、いつだってお互いの中にある「誤解」から背を向けることなく、真摯に受け止める姿勢があったからこそ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の心の中に彼らに対して「感謝」の気持ちがあるのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、私は隣のマダムにこんな質問をしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ外国人の私に親切にしてくれるの?」と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

するとマダムは昔を思い出すように答えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの前にいた日本人も素敵な人だったわ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隣にいた別のマダムが続けてこんなことを言いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「外国人は私にとって特別な人だったけど、彼女は私達と同じように笑ったり、泣いたり、寂しそうな顔をしたり、私達と何も変わらなかった。今のあなたのようにね?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たったそれだけの会話だけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたと私は何も変わらない。ただの隣人」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう言っているように聞こえて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泣けた。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人とか、ベナン人とか、白人とか、黒人とか、○○人とか、何か特定のものに括ることに大きな意味はなく、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人一人違う人間として、多様性を受け入れていくことの大切さを家族から教えてもらった気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから日本に帰国します。

日本が「多様性」を受け入れ、さらなる「可能性」を見出せる社会にするためには、どうしたらよいのだろう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その鍵は「教師」が握っている。

私はそう思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年、ラグビーW杯が開催され、多くの日本人が国境を超えたスクラムに魅了されたことは記憶に新しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国籍も文化も違う、多様なルーツを持つ選手で構成された日本代表が「ONE TEAM」となって戦う姿に多くの人が感動しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうです。

ラグビーというスポーツを通して、おそらく私たちは、もうわかっているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「旧来までの、同じ肌の色に黒い髪、日本語を話し、同じ文化や慣習を持つ人こそが「本当の日本人」ではなく、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえルーツは違えど、日本という国に誇りを持ち、ともに一丸となって未来を作っていく人達こそが、今の日本に必要な「日本人」だということを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テレビの前で試合に釘付けになり、スタンドでは身を乗り出しながら応援をする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時に、私たちの中に国籍や肌の色を気にした人なんていたのでしょうか。彼らが、母国の代表より、日本を選び、日本のために戦ってくれていることに私は心が震えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラグビー日本代表の姿は、未来の姿を先取りしている、まさに日本が目指すべき未来を指し示すメッセージだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを考えると、だからこそ「多様性の土壌」を作っていく「教師」の役割は大きいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がベナンで長屋ファミリーから「隣人」として扱ってもらったように、私も日本にいる外国出身の方々に同じように接したいし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当たり前」に多様性を受け入れられる子ども達を学校で育てていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベナンで学んだことを生かし、

 

 

 

 

 

 

 

 

教室の中で「多様性が輝く場」を作り出せるように、そして日本に新しい「」を作り出せるように、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残り少ないベナン生活を大切に過ごしたいと思います。

頑張るぞ〜!

 

 

最後に、長友ドリームが来月実施されることになりそうです。今は学校に掲示板を作ったり、グラウンドの整備を続けています!

 

 

 

そちらも楽しみに!

ではまた!

f:id:hiroyuki913:20200122043926j:image

(掲示板完成!)
f:id:hiroyuki913:20200122043914j:image

(さっそく効果あり!)

逆風は振り返れば追風になる。

f:id:hiroyuki913:20191228233804j:image

(フランシー特集。笑)

f:id:hiroyuki913:20191228231758j:image

(2019年お世話になりました)

 

 

 

Bonjour !!

Ça va??

 

暑い年末を過ごしています🇧🇯

四季って素晴らしいですね。笑

今回のブログでは、現在の心境を綴ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年は「生き方」について振り返り「生き様」について見つめ直す1年間だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学生の頃は教員になることが「目的」で、そのために決められた授業を受け、課題をこなし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教員になって働くようになってからは、目の前に並べられた仕事を淡々と消化する毎日で、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東日本大震災によって「命は有限」なのだから

自分の納得できる人生を生きる」と自覚していたものの、日々の忙しさに自分と向き合うことを疎かにしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にこのままでいいのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを考えているタイミングで、式根島への転勤が決まり「あ、これはターニングポイントになる」そう思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

島生活は予想をこえて、充実したものになった。時間にゆとりが生まれ、毎日定時で帰れるようになり、

f:id:hiroyuki913:20191229164110j:image

(島の風景)
f:id:hiroyuki913:20191229164118j:image

(車が来ても退けないネコ🐱)

f:id:hiroyuki913:20191229165548j:image

(秘密の道)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのおかげで、海外研修に参加したり、授業研究に没頭したりとインプットの時間は急激に増えた。

f:id:hiroyuki913:20191229165627j:image

(タイ🇹🇭スラム街)

f:id:hiroyuki913:20191230003505j:image

(タイ🇹🇭スラム街その②)

 

 

 

 

 

 

 

また、島のために「生きる」島民の方々の生き方や懐の深さを見て、

f:id:hiroyuki913:20191229164437j:image
(くさやーまんとミヤビちゃん)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと世の中の役に立ちたい」そう思い、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その頃から、教員という仕事を「手段」として

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世の中に何を伝えたいのか

何を変えたいのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつか終わる有限である人生」の中で、だんだんと自分の目指すべき姿について深く考えるようになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして「教室から世界を変える」を教師としてのミッションに据え、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのために「教科書を超えた教材に自分がなる」と決めたのが、つい最近のことだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのミッションを持ち続け、行動していると、それに「ドライブ」されて動く人がたくさん出てくるようになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、中学時代マラソンが得意だった生徒が大学生になって、途上国について興味をもち、ランニングで児童労働の啓発をするようになったり、

f:id:hiroyuki913:20191229183058j:image

(啓発しながら、マラソンに参加)

 

 

 

 

 

 

 

 

勉強が苦手で、学習に前向きでなかった生徒が「自分も協力隊に参加し、途上国についてしっかり学びたい」とメッセージをくれたこともあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他にも、式根島の生徒の保護者から「先生の影響もあって、息子が短期留学を決めた」と連絡を頂いたり、

f:id:hiroyuki913:20191230001302j:image

(懐かしいですね)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日の新潟県の荒川中学校との「パーニュプロジェクト」では、SNSを通して様々な分野の方から協力と応援をいただき、最終的には、中学生が国際理解教育プレゼンコンテストで「最優秀賞」を受賞した。

f:id:hiroyuki913:20191229162604j:image

(ザポタキッズとサンダル作り)
f:id:hiroyuki913:20191229162557j:image

(新潟の国際理解バザーで完売)

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人だけでなく、これから実施される長友ドリームベナン人の未来まで「教室から変えるチャンス」も掴み、

f:id:hiroyuki913:20191229162831j:image

(いい写真🤳)

 

 

 

 

 

 

 

 

確実に「ミッション」による「ドライブ」の効果を実感する2019年となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、最近は「40歳くらいで大学の先生に転職したい」なんて思っちゃっていて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学問の最前線で学ぶことのおもしろさを、学びたい人に全力で教え、教科書10冊分くらいの教材になりたいとまで思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのようなことを考えると、

 

やはり私が青年海外協力隊として「ベナン」に来た意味は大きいと感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「行動」したことにより自分自身がどんどん「アップデート」されたという自負もあるからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、全てが良いことばかりではなく、思い悩むこともたくさんあって、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1つの行動をとっても、無意識に日本での経験で物事を判断してしまい、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の無力さが「現地の人」の足を引っ張っているかもしれないということに焦りを感じたこともあったし、

f:id:hiroyuki913:20191229162948j:image

(私の顔をみると、なぜか泣く。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけではなく、今まで私が日本で「仕事」をできていたのは、私自身の力ではなく、周りの環境のおかげだったということにも気づかされた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

整った施設、綺麗な黒板、余るほどの教材、そのアイテムをなくした私は、完全に「医者」ならぬ「教師」だったのだと。

f:id:hiroyuki913:20191230003948j:image

(こんな綺麗な教室、当たり前ではない)

f:id:hiroyuki913:20191230004221j:image

(外にある教室。雨が降ったら終わる。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8年も経って、ようやくそれに気が付いたことに落ち込んだりもしたけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今では、この経験を「ただの経験として終わらせず、今後の財産にしたい」とまで思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

2019年は良くも悪くも「革命」の年だった。

家族を犠牲にしてまで、経験する価値がある協力隊生活だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ある意味今まで積み上げてきた自信を打ち砕かれ、謙虚さも取り戻すことができた。私は「まだまだ」これからなんだと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5年、10年かかるかもしれないけれど、必ず社会に還元したいと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、2020年はどんな年になるのだろう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職場に、家庭に、いろいろなことが変わる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかしたら自分にとっては「逆風」が吹く厳しい環境になるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ベナンで学んだ経験を生かして、その風を「追風」に変えて、少しでも「前へ前へ」進みたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教師には、世界を変える力があるということを信じて「挑戦」を続けていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年、楽しみだな〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、高田にいろいろな形で応援、アドバイスをしてくれた、たくさんの方々、本当は一人一人にお礼を言いたいところですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この場を借りて感謝の気持ちをお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にありがとうございました」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残りわずかですが、

高田は最後まで頑張ります。

2020年もよろしくお願いします!

 

 

 

それでは、よいお年を!

f:id:hiroyuki913:20191229163149j:image

(クリスマスで黒板をプレゼント🎁)

f:id:hiroyuki913:20191230040404j:image

(私はどこでしょう?)

もしあなたが国連職員になったら👨🏻‍🏫

f:id:hiroyuki913:20191215021124j:image

(パーニュがつなぐ国際協力①)

f:id:hiroyuki913:20191208061504j:image

(パーニュがつなぐ国際協力②)

f:id:hiroyuki913:20191208061733j:image

(大喜びしてました。笑)

 

 

 

 

 

Bounjour!!

Ça va??

ベナン🇧🇯ライフも1年5ヶ月が経過しました。

高田は元気でやってます💪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

突然ですが!!

皆さんは、次の国際協力の現場で起きた事例をどのように考えますか?

 

ある途上国の村人たちは、毎日井戸まで片道2時間かけて、水汲みに行っていました。その状況を見た日本の団体が村人たちのためを思い、村に水道を作りました。結果として村人たちの水汲みをする時間は劇的に短縮されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでしょう?

おそらく「素晴らしい支援だ!」とプラスに考えている方が多いかと思います。

f:id:hiroyuki913:20191208062857j:image

(水汲みは本当に大変です)
f:id:hiroyuki913:20191208062852j:image

(私の住む長屋。雨水でさ無駄にしません)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私も最初は、そう思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、この話には続きがあるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、この水道を設置した後に村人たちの中で「うつ病」を発症する人々が増えたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、なぜか?

水汲みは重労働ですが、村人たちにとっては、毎日の井戸までの時間は、友人と会話を楽しむ時間でもあったそうで、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その「娯楽」の時間が奪われたことで、精神的に病んでしまったというのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、自分の「役割」を失くしたことが、

仕事から得られる日々の充実感を喪失させ、結果として、うつ病になったそうです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう1つ国際協力の現場で起きた事例を紹介します。

これは、ベナンでの事例です。

 

ベナンの小学校では、ほとんど体育の授業をしません。それを見た日本人がベナンで体育を普及させるために、体育の活動を重点的に進めました。

 

f:id:hiroyuki913:20191208163223j:image

(ランニングをする子ども達🧒🏽)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この事例はどうでしょう?

体育は子供達にとって楽しい!」から良いはずだと考える人も少なくないと思います。

f:id:hiroyuki913:20191208064157j:image

(強そうに見えますね)
f:id:hiroyuki913:20191208064147j:image

(髪型がかわいい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、現地の教員の中にはそうは思っていない方もいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

35度も超える酷暑の中、水道もない環境で君は体育をできるかい?」とある現地教員は話します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段から脱水状態にある子ども達に、強度の高い運動をさせたらどうなるでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼らは体育を「やりたくない」のではなく、体育が「できない」環境にいるだけなのでした。

f:id:hiroyuki913:20191209070327j:image

(この日は36度‼︎)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この二つの事例から、つまり何が言いたいのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国際協力の現場には「自分にとって“よい”と思った行動が、他の人にとっては“よくない”かもしれない」ということがあることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直、この話を聞いて私は困惑しましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心の中で私の活動はベナン人にとって“よい”方向に向いている」と自信をもてませんでしたから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

情けない話ですが、残り3ヶ月にもかかわらず、まだこの段階にいるわけです。

何しに来たんだよって話ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国際協力の素人が国際協力の最前線で活動する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乏しい知識と確かな経験値がない状態では、自分の活動にすら自信をもてないんだなと。

久しぶりに落ち込みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同時に「じゃあ今、ベナンにとって何が必要なのか?教育なの?医療なの?それとも農業なの?」と疑問がわいてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう少し大きな視点からベナンにおける国際協力の在り方を考える必要があるなと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思ったわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、ある「問題」を2人の同期にぶつけてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが「もしあなたが国連職員になったら」です。ちょっと見てみましょう!

【問題】

あなたは国連の職員です。国連職員としてベナンの問題を解決するための担当者になりました。どの問題を優先して解決していくことが望ましいか、ダイヤモンドランキングを作りなさい。その際、理由も明確にしなさい。

 

 

f:id:hiroyuki913:20191208070631j:image

ダイヤモンドランキングとは、優先度の高いものから順にランキングしていくもので、中学校3年生の公民分野「国際社会と私たち」で私が毎年実施する授業でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私のクラスは、この授業でいつもケンカが起きます。笑  

特に「女性の社会進出」の項目で女子が男子を論破しまくります。笑 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このダイヤモンドランキングの「ベナン」を2人に考えてもらいました。私がもってない視点や考え方をどうしても知りたかったからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1人目は「ポン」(仮名)さんです。

ポンさんは、大学時代にルワンダスタディツアーに参加したり、UNICEFでも活動していました。卒業後は、サラヤ株式会社に就職、その後、現職参加で青年海外協力隊に参加しています。まさに国際協力をするために生まれてきたような方です。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポンさんのランキングがこちら。

 

f:id:hiroyuki913:20191208070627j:image

 

ポンさんは、最重要事項を「農業👩‍🌾」にしたようです。理由を見てみましょう!

 

 

ポンさんの意見がこちら💁‍♂️

まず、現先進国のような「持続可能」とは言えない発展を目指すのではなく、新たな発展の方法として、自然のシステムを壊さないような農業の方法を模索し、農業を通じて国の発展を後押しできればと考えました。

なぜならベナンには、農業従事者が多く、農業従事者にお金が回れば「農業」を切り口にした経済発展が見込めると思ったからです。隣国にはナイジェリアやトーゴブルキナファソといった国もあります。

尚且つ農業の発展は経済発展だけでなく、ベナン人の栄養状態を改善できる可能性もあります。そして、現在ベナンには、強み(国力)というものがありません。外交の場、また投資という視点からもメリットを感じてもらえる魅力があるかは何とも言えません。国民が自信と誇りそして自分達に無理のない身の丈にあった発展を目指しながら、国力になりうる可能性が「農業」にはあると思い、最重要事項に選択しました。

f:id:hiroyuki913:20191215021003j:image

(綺麗にやります!)
f:id:hiroyuki913:20191215021012j:image

(これは何でしょう。笑)

 

高田メモ

確かに短期的な視野なのか、中長期的な視野なのかでは何を優先するかは変わってきますね。ベナンでは、食べ物以外にも隣国のガソリンなどは普通に売られているので、需要を生み出せれば農業による発展も可能かもしれません。私は農業のことはよくわからなくて、ランキングでは下にしてました。笑

恥ずかしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に2人目は、コシヒカリさん(仮名)です。

コシヒカリさんは、高校時代に国際交流部に所属したり、大学時代は医学部に進学し、卒業後は大学病院で検査技師として働いていました。現在は青年海外協力隊としてガボン共和国で輸血医療の安全性を高める活動をしています。コシヒカリさんは9月にベナンに旅行にきました。外から見たベナンという視点でランキングを書いてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなコシヒカリさんのランキングがこちら!

 

f:id:hiroyuki913:20191214234604j:image

コシヒカリさんは、最重要事項を「教育👨🏻‍🏫」にしたようです。理由を見てみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コシヒカリさんの意見がこちら💁‍♀️

全ての問題の根底にあるのが教育を受けていない人の多さ、教育レベルの低さがあるから。

「国語」を例にとって考えてみると、フランス語が話せない理解できないでは、ベースラインにも立つことができない。もし読み書き等が出来たとしても、その内容が間違いだらけでは中途半端な状態であり、何か商売を始めたり働きに出たりしても結局ボロがでたり、誤った選択をしたりして前に進めない結果を生んでしまうから。国全体の発展のためには、やはりそこに住んで暮らす国民全体の自助努力が必須であり、教育を受けること、そしてその教育がきちんと内容のあるもので、学力や能力を高められるものであることが大事なのだと思う。

f:id:hiroyuki913:20191215053928j:image

(ザポタキッズ①)
f:id:hiroyuki913:20191215053921j:image

(ザポタキッズ②)

 

 

高田メモ

その通りだと思います。そういえば前に任地でコーラを買ったんですが、売り子の方が計算を間違えて、お釣りが多かったことがあったんです。私は優しく教えてあげたのですが、売り子さんは、なぜか逆ギレしてました。笑 ベースがきちんとしていないと、損してしまうこともたくさんありそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベナンに拘らず、

みなさんだったら、どんなランキングにしますか?

ぜひ、いろいろな意見に触れたいので教えてください🙇‍♂️(コメント待ってます📝)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にアインシュタインの言葉にこんなものがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学べば学ぶほど、自分がどれだけ無知であるか思い知らされる。自分の無知に気づけば気づくほど、より一層学びたくなる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素人の私にとって、

わからないことも多いですが、わかろうとする姿勢だけは忘れることなく、残りの任期も頑張っていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは!

みなさん、メリークリスマス🎄

f:id:hiroyuki913:20191220040015j:image

毎日我が家に来て水分補給をしています。笑

 

 

子どもを産まない人生

f:id:hiroyuki913:20191022211726j:image

(ザポタキッズ。その①)

f:id:hiroyuki913:20191022211737j:image

(ザポタキッズ。その②)

 

 

 

Bonjour!!

Ça va??

青年海外協力隊としてベナン🇧🇯で活動を始めてから1年4ヶ月が経過しました〜〜。残りは5ヶ月です。頑張ります💪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月は急に暑くなったせいか体調を崩すことも多く、ブログも更新できませんでした。(言い訳です。笑)  ごめんなさい🙇‍♂️笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は重い身体にムチを打ちながら長友ドリームに向けて、算数と体育の授業と並行して、グラウンド整備をしています。

f:id:hiroyuki913:20191104052206j:image

(校長先生に100万円分のサッカーボールが来ると話をしたけど、信じてもらえなかった。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

また長時間外に出ているせいか子ども達からは「ヨボ(白人🧒🏻)」ではなく「メウイー(黒人🧒🏽)」と呼ばれるまで肌が仕上がってきました。笑 長友ドリームを絶対成功させたいので、頑張ります!

f:id:hiroyuki913:20191105025533j:image

(長友ドリームに歓喜する子ども達①)
f:id:hiroyuki913:20191105050605j:image

(長友ドリームに歓喜する子ども達②)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、それでは本題に入りましょう。

今日のテーマは「子どもを産まない人生」について。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デリケートなテーマですが、ベナンでの生活を通して、長屋の家族と触れ合う中で感じたことを書いてみようと思います

(※そして真面目な話なので画像も控えようと思います)

(※またここからは、妊娠・出産に関する個人的な価値観・考え方を記述しますので、特別な想いを持ってる方はご遠慮ください)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、私たち夫婦は「子どもを産まない人生」を歩むことを決めています。理由はたくさんありますが、2人で話し合って決めたことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は職業柄、これまでにいろいろな家族の「」を見てきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供が家に引きこもり、暴れ家庭が崩壊していく様子

親の離婚・再婚を理由に子供が非行を繰り返す姿

子のために冷静な判断を失い、奔走する親の背中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教師という職業は、時に見たくないものまで、見なくてはいけません。








 



家族」をもつ
子供」をもつということが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単なことではないことを、痛いほど思い知らされてきたつもりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、子どもがいることで味わうことのできる幸せがあることも理解しています。成長していく姿を見たときには、何とも言えない幸福感があることだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、一方、学校現場では様々な親の「姿」を見ることがあります。我が子を前に学校で泣き崩れる親の姿に「本当に、この人にとって、子供産んだ事は幸せなことだったのか?」と思う時もありました。




 

 

 

 

 


子どもは自分の思ったようには育ってくれないのです。



 

 

 

 

 

 



それだけではありません。

子どもが大学を卒業するまでには1人3千万円、出産費用だけでも、約50万円のお金がかかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

欲しいから産む」という単純な話ではなく、子どもが生まれれば、自分のやりたいことは我慢しなくてはなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

服もユニクロになり、

外食も惣菜になるかもしれません。

大好きな本の衝動買いも、海外旅行も、

今こうしてベナンに来ることもできなかったでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、もしかすると「新しい私」を発見する代わりに「私らしさ」を失うことに繋がるかもしれません。

 

 

 

 

 







また「出産自体が死ぬギリギリの行為」ということも1つの理由です。医療の発達によって母子ともに安全に産むことができる時代になっているものの、やはりリスクはつきものなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私には「万が一」を覚悟することすらできません。妻にはリスクを負わせたくないというのも本音です。








 

 

 


しかし、なんでしょう。

最近、ベナンでの暮らしを通して「家族」というものに触れる多くの機会を得て、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

産まないと決めたはずなのに、その決断は本当に正しかったんだろうか?」と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心が揺らぐ時があるんです。



 

 

 

 

 

 

 

 


ある日のことでした。

活動から帰ってくるといつものようにフランシーが家の前で私を待っていたことがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その日は、算数の授業が上手くいかずひどく落ち込んでいたことを覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、フランシーにはそんな私の事情は関係ありません。いつものように足に絡まっては、わけのわからないフォン語で楽しそうに私に話しかけてきます。





 

 

 

 


すると、どうでしょう。

なぜか「ホッ」としたんです。

いつも「鬱陶しい」と思っていたのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼の笑顔に「前向き」になれた自分がいたんです。

落ち込んでる場合じゃない。頑張らなきゃ」と。


 

 

 

 

 





そして、気がついたんです。

もしかしてフランシーに支えられてる?」と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わがままオテンバ息子のモンスターに不思議な力を感じた瞬間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この頃から、家族に対する私の見方は少しずつ変わってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎朝7時に起こしに来る5人の兄妹を怠そうににしながらも楽しみを思ったり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の幼少期を客観的に振り返っては、子供たちの姿を見て「うわ〜〜子供の頃の高田みたいだな。少し器用に何でもできて。でもこのままじゃ違うんだぞって。今のままじゃ失敗するぞ」って今なら伝えられることに少し使命感のようなもの感じてしまったり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしこれが自分の「」が繋がっていたとしたら、もっと違う感覚になるのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族」というものに

子供」というものに支えられる体験を通して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の人生を生きる」だけではなく「誰かの為に生きる自分」も悪くないと思うようになってきたわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここザポタで一人暮らしをしているのは、私だけです。毎日のようにベナン 人からは「子どもはまだか?」「嫁はどこだ?」とセクハラされています。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の「」が揺らいでいるのは、

家族を大切にするベナン人の価値観に触れ、生き方を学べたからだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生観は人それぞれ。

 

正解はないのだけれど、

 

子供を生まない人生

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分で決めたことに後悔はないけれど、問いかけは、今でも続いている」ということを伝えたいと思います。



 

 

 

 

 

 

 

そして、幸運なことに私は教師。

毎日のように子供の成長を見ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちは私たちらしく生きた」といえるように一生懸命に生きていきたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ心のモヤモヤを書いただけの自己満になってしまいましたが、最後まで読んでくださいありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

終わり。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

【追 記】
正直、このテーマについて書くか迷っていました。なぜなら、子供を「産みたい人」「産めない人」「産まない人」いろいろな立場が交錯する非常にデリケートな問題だからです。

 

しかし、アフリカでは子供が「小さな大人」として労働力として生まれてくるケースもあれば、子供が多いことが自分の健康や財を示すステータスにつながるため出産する現実もあります。

 

私たち日本人は、こんなにもまっすぐ命に向き合うことができる。それは普通ではないんだということをベナンで気付かされました。私は31歳。結婚や出産、子どもに1番真剣に向き合う時期を生きています。だからこそ、少しでも自分の気持ちを伝えてみたいと思いました。もし、今回の私の妊娠・出産に対する考え方で傷ついてしまった人がいたとしたらお詫び申し上げます。

f:id:hiroyuki913:20191106012311j:image

(私の顔を見て泣き出す、近所の子👶)
f:id:hiroyuki913:20191106012302j:image

(ベナン🇧🇯の子ども達はいつでも元気!)

ハーフタイム②⚽️-上昇思考-

f:id:hiroyuki913:20190914060203j:image

(先日ガボンの同期隊員が遊びに来てくれました。駒ヶ根以来の再会!)

f:id:hiroyuki913:20190915043007j:image

(ガンビエにてパシャり📸)

 

 

 

 

Bounjour!!!

Ça va??

 

青年海外協力隊として活動を始めて1年2ヶ月が経過しました🙋‍♂️先日、おかげさまで31年連続31回目の誕生日を迎えることができました。笑

 

 

人生の転機となる1年になったような気がします👌さて、今回は「メモ」の続きを公開します。

f:id:hiroyuki913:20190907085541j:image

(生徒の勉強ノートをパシャり📓)

 

 

 

長文が続きますが、ぜひご覧ください。

(前回はメモ①〜⑤を公開したので、今回は⑥〜⑩です🙇‍♂️)

 

 

 

メモ⑥: 「能力差」よりも「環境差」が人生を決める

 

一時帰国からベナンに戻り、約2ヶ月が経過した。日本で久しぶりに生活をして強く感じたことがある。それは人は「能力差」よりも「環境差」なんだということだ。例えば、最近話題の八村塁選手を例に考えてみたい。日本人とベナン人のハーフでバスケット日本代表選手の彼が「もし日本ではなくベナンで生まれ育っていたら本当にNBA選手になれただろうか?」と私は疑問を持っている。なぜなら、私は協力隊生活を通して、ベナン人がバスケットをする姿をほとんど見たことがないからだ。小学校においては、バスケットはおろか体育の授業自体、計画的に実施されることは少ないし、用具もない。もちろん彼が類い稀な才能をもち、その才能を努力によって磨き上げてきたことは、誰の目にも明らかであるが、1番は彼が努力できる環境にいたということが大きいのではないだろうか。たとえ、どれだけ優秀であっても、そもそものチャンスを与えてもらわなければ、生かしようがない。物事の前提を考えさせられる。だからこそ、1本のペンでも、1つのボールでもいいから、まずは環境を整えていくことが大事なんだと思う。

 

そういう意味で、たとえ一回きりの施しになったとしても、「」や「経験」を与えることも悪くないと今は思っている。f:id:hiroyuki913:20190907093000j:image

(外教室。黒板が汚すぎて字が読めない)

f:id:hiroyuki913:20190908030130j:image

(鉛筆✏️が小さすぎて見えない。買い換えるのもお金が必要ですからね)
f:id:hiroyuki913:20190907092951j:image

(椅子のテーブルで勉強中👀家の中は暗いので外で)

 

 

 

 

 

メモ⑦ : 欧米的価値観で世界が動いている⁈

 

ある日、自分の子どもに大量のベビーパウダーを塗っている母親を見かけた。子どもは泣きじゃくっていた。ベビーパウダーは本来あせもやただれ防止に塗布するものだ。母親に「なんでベビーパウダーをこんなに塗るの??」と聞くと、母親は「少しでも肌が白くなる可能性があるから」と答えた。もちろん肌が白くなると言う事はないが、私はこの時「もしかしたらこれは欧米的価値観が関係しているのではないか」と感じた。美意識を例にこの欧米的価値観について考えてみたい。一般的に、そして金持ち階級になればなるほど「肌が白い=美しい」と考える人も多いのではないだろうか。友人から聞いた話では、セネガルの10代の女性たちは肌を白くするために漂白剤の成分が入っている日焼け止めを塗ったり、薬を使って脱色する人さえもいるようだ。これに関しては、日本も例外ではなく、日傘をして、アームカバーをして、明るい肌色を塗っている光景はどこにいてもよく見かける。日本には日本独自の文化があるけど、それでも多分野にわたって無意識に私たちは欧米の影響受けている。それは日本だけではなく、ベナンを含めたアフリカ諸国でも同様で、おそらく政治や経済の分野でも同じことが言えるのではないだろうか。このような、欧米的価値観が世界中に存在するということを知ることができただけでも、私がアフリカ、ベナンで生活をしたという意義はとても大きい。教科書にはない生きた情報に触れることができた。

 

どんな色も美しい。「私は自分が好きだ」と自信を持って生きていけるような社会にするために黄色人種の私は、何をどのように子供たちに伝えていくことができるだろう? 謎は深まるばかりであった。

f:id:hiroyuki913:20190908015313j:image

(ベビーパウダーを塗る子ども。名前はアスピ(左)EXILE気取りの少年。名前はトビ)

f:id:hiroyuki913:20190908015321j:image

(顔にパウダーを塗る少年。なぜか不機嫌。笑)

 

 

 

 

メモ⑧ : 「歴史は繰り返される」ということ

 

ベナンには、多くの黒人が差別を受け、奴隷として南北アメリカに渡ったという「悲しい歴史」がある。その数は1000万人から2000万人と言われ、その多くが働き盛りの男性であったことから、その人的、経済的、文化的損失が現在までの貧困の原因の1つと言われている。しかし、子ども達の中には、この奴隷貿易を「知らない」という子どもが一定数存在する。学校に行けず、歴史を学習する機会を失ってしまった子もいれば、歴史についての授業自体が小学校ではあまり見受けられない現実がある。私はベナンに来てから「ヨボ(白人)」やアジア人差別用語でもある「チンチャンチョン」など、差別的な発言を受けたことが何度もある。言葉の意味がわからず、親しみを込めて言ってくる場合もあれば、明らかに侮辱している場合もあった。差別によって虐げられてきた歴史があるにもかかわらず、このような状況が生まれてしまう。「歴史は繰り返される」とうことの意味がよくわかった。だからこそ、伝え、学び、考えていくことが大切でそのための「教育」なんだということを実感した。

 

決して他人事ではなく、戦争という悲しい歴史をもつ日本も同様で、平和を維持するために、戦争を経験していない自分が、どんな言葉で、振る舞いで「歴史」を伝えいくか。社会科の教員として、それを考えるにあたって「差別された体験」を今後も大事にしていきたい。

 

f:id:hiroyuki913:20190914060835j:image

(ウィダにある還らずの門。この海からアメリカ大陸に向け多くの黒人が奴隷として渡った)
f:id:hiroyuki913:20190915042222j:image

(ガンビエの船乗り場)

f:id:hiroyuki913:20190915042212j:image

(船の運転しました。式根島以来)
f:id:hiroyuki913:20190915042231j:image

(船でものを売りにきた)

 

 

 

 

メモ⑨ : 「識字率」と「宗教(※長文注意)

 

国が発展するための条件とは何なんだろうか?」戦後74年、敗戦のどん底から再繁栄を築き上げた「日本」と今年で独立59年を迎えた「ベナン」もちろん国も、状況も、取り巻く環境も全て違うし、同じように比較することはできないのだろうけど「ここまでの差かついた理由は何なのか?」もっと前提から疑ってみたい。そう思い一時帰国中に、いろんなことを調べてみた。

 

ハーバード大学アマルティア・セン教授によると日本の国民の「識字率」が高かったことが、日本の近代化に大きく貢献したと著書の中で述べている。驚くべきことに、実際1860年代日本の識字率はヨーロッパの国々よりも高く、1913年頃には、世界有数の出版大国になっている。しかも、当時日本で出版された書物の数はアメリカの2倍以上だったそうだ。では、なぜこの時代に「途上国」という位置づけにいた日本がこんなにも教育熱心で識字率が高かったのか?佐藤智恵著「ハーバード日本史教室」によれば、日本の識字率には仏教の影響が多分にあるという。世界中の国々を識字率と言う観点から見ても、仏教国の識字率は、他の宗教よりも圧倒的に高くブータンミャンマーなどの国や地域は、他の国や地域より識字率が高いというデータがある。では「仏教識字率にはどんな関係があるのか?」という疑問にいきつく。

 

時代は7世紀。聖徳太子にまで遡る。当時、太子は、仏教の教えを一般の人にわかりやすく伝えたいと思っていた。しかし、仏教の経典は難しい漢文で書かれており、その内容を理解できるのは限られた人だけだったそうだ。つまり仏教の教えを広め、理解するという過程において仏教国の人々は「読み書き」を習得する必要があった。だから、当時「途上国」だった日本は先進国を上回る識字率を持っていたらしい。

 

日本人は、元日に神社に行き、寺院で葬式を行い、キリスト教の教会で結婚式を行うことに何の躊躇もない。そんな中でも、仏教文化の恩恵が教育制度の高い国民を生み出すことにつながったようだ。ちなみに仏陀は人間にとって大切なことは「1に知識、2に良い行い、3に信仰」だそうで、知識の獲得が信仰よりも大切という考え方をもっている現在、日本にはどこに行っても本屋があり、本が溢れている。それは知識の獲得を一番に優先する仏教の思想の表れなのかもしれない。そういったことを考えると、問題の表面だけを見て、解決策を考えるのでなく、ベナンという国の歴史的・文化的・宗教観までも理解した上で、解決を策を考えていくことで、その国あった新しい視点に出会えるかもしれない。

f:id:hiroyuki913:20190908063452j:image

(教会の帰りにサッカー⚽️ベナンではブードゥ教、キリスト教イスラム教が信仰されている)
f:id:hiroyuki913:20190908063436j:image

(謎の儀式⁈かと思ったら、ただの遊びだった)
f:id:hiroyuki913:20190908063446j:image

(ザポタキッズキッズ🧒🏽)

 

 

 

メモ⑩:世界に広がれ夢の連鎖連鎖「長友ドリーム

 

長友佑都選手。幸運にも「長友ドリーム」で支援をしていただくことになった。支援が決まった以上、TVでサッカーをしている姿しか知らないではダメだろうと思う。ベナンの子ども達に「長友佑都さんとは、どんな人間なのか?」を伝えることができるように、著者「上昇思考」を読むことにした。今回は心に響いた2つの文章を紹介したい。

 

「人間はすべて心で動いている。心に動かされている。だからこそ心を高める必要がある。(中略)だから生きている間に、生まれた時よりも美しい心を育むこと。世の為、人のためにを常に考えていることが最も美しい生き方だと思う」(第一章 過去を振り返ることの大切さより引用)

 

 

どんな夢でも、いいからそこに向かって走り続けることが大切だ。濃くない人生にしてしまうなんて考えられない。人生の終わりの時を迎えた時に何もやれなかった、何もやらなかったと振り返るしかなくなったとしたら、生きていた価値を見出せなくなってしまう。そうならないように、どれだけ生きてきたかが問われることと思う。生きているのはそれ自体が幸せなことだ。だからこそどこまでも熱く夢に向かって生きたい(第六章一度きりの人生だからこそチャレンジしたいより引用

 

私は、今まで自己啓発系の本はあまり興味がなかった。ただ、長友さんと繋がれた今だからこそ、いろいろな言葉が胸にささる。夢に向かって努力するということ、感謝の気持ちを忘れないこと、物事をポジティブに捉え向上していくということ。もっと彼のことを知ろう。それが今私にできる最善のことだと思う。

 

 

そして、10年後か、20年後かに「長友JAPAN🇯🇵」とW杯で対戦するベナン代表🇧🇯を見る日をイメージしながら、この「夢のバトン」をしっかり繋いでいきたい。

f:id:hiroyuki913:20190908064059j:image

(おススメします!)

 

 

 

 

今、大きな「追風」を感じています。笑

逆風は振り返れば追風になる。

積み上げてきたものが、歯車が、徐々に噛み合ってきているような気がします。ただ、調子にのることなく、謙虚な気持ちで一歩一歩確実に進んでいきたいと思います。

 

 

 

それでは、また!

まだ更新します!

f:id:hiroyuki913:20190915042520j:image

(かわいい)

f:id:hiroyuki913:20190915042237j:image

(人生は甘くない。笑)

教えて、ピタゴラス👨🏻‍🏫

f:id:hiroyuki913:20190819052305j:image

(漁港隊員が企画した算数夏期講習inコトヌー👨🏿‍🏫)
f:id:hiroyuki913:20190819052312j:image

(全員が成績を伸ばしました💮)

f:id:hiroyuki913:20190819065906j:image

(丸つけ)

 

 

Bonjour!!

Ça va??

 

ベナン🇧🇯での生活も1年1ヵ月が経過しました。

そして、任地ザポタに配属されてから、ちょうど1年になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

最初は、カルピスのような水道水に、シャワー室がなく外での水浴び、キッチンもなく、サソリが出たりなど、苦労もたくさんありましたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり「住めば都🏘」ですね。

今では、子ども達の泣き声も小鳥のさえずりに聞こえます。とても居心地がいいです。笑

残り7ヶ月ですが、楽しんでいきたいと思います。

f:id:hiroyuki913:20190819082237j:image

(長屋の子ども達のクセの強いポーズ)

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回は日本の教員👨🏻‍🏫仲間から「ベナンの教育の課題について教えてほしい!」とリクエストがあったので、私が活動する「算数」を中心に記事を書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今は2ヶ月の夏休み期間で書くことがなかったので、ちょうどよかった!笑

少し長いですが、通勤中の暇つぶしぐらいにはなると思うので、良ければご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、こちらをご覧ください。

f:id:hiroyuki913:20190819061614j:image

(真ん中の問題に注目してね👀)

 

 

 

「76 ー 6=64」

これは「夏期講習」の時の児童の答案です。

 

 

 

幼稚園児なら仕方ないよ!」とか

たまたまの間違いでしょ?」とか

小1くらいならありえるよ」とか

 

 

 

 

 

色々な声が聞こえできそうですが、これを解いたのは、なんと小学6年生です。笑

f:id:hiroyuki913:20190819064716j:image

(彼です。笑)

f:id:hiroyuki913:20190819062221j:image

(ポーズのクセが強い。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベナンでは小学校高学年でも

繰り下がりのある引き算ができなかったり

そもそも引き算が何かわかっていなかったり

1の位や10の位を揃えずに計算したりなど

f:id:hiroyuki913:20190819070826j:image

(だいたい3分の1は怪しい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

算数の課題は本当に「深刻」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日の夏期講習で多く見られたケースでいうと「5+10=60」と答えとしまうことが多々ありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし「10+5=15」と答えられていたので、おそらく位に対する理解が不十分だったのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、ベナンの小学校6年生が習う算数の内容は「 ①分数の足し算」「②円の面積」「③体積と容積の関係」「④円の作図」などが教科書には記載されています。(一部を紹介)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、教科書の内容と児童の実態は大きくかけ離れており、「理想」と「現実」が乖離しています。しかも、この内容は小学校卒業試験にも出題されるという何とも言えない状況なわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では「なぜベナンの児童は算数に課題を抱えているの?」という話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、皆さんにも想像しやすいように、前提としてベナンの教育現場👨🏻‍🏫の課題を箇条書きしてみます!

 

 

・計算力不足。

・定規、分度器など算数に必要な備品がない。

・生徒が多すぎて指導しきれない。(最高70人)

・教員が問題を解けない場合がある。

・間違えると体罰。結果、思考停止に。

・フランス語理解できない。(1番深刻)

・講義型の授業。(先生が一方的に話すだけ)

・考える力がない。(場面がない)

コピー機がないのでプリント等は配らない。

・教科書は全員が持っているわけではない。

・乾季は暑すぎて授業どころではない。

・黒板が恐ろしく汚い。

f:id:hiroyuki913:20190819064255j:image

(このクラスは50人くらいです!)
f:id:hiroyuki913:20190819064246j:image

(もう黒板が汚くて何書いてあるからわからない。)

f:id:hiroyuki913:20190819064605j:image

(全員同じに見えてしまう。笑)

 

 

 

 

 

 

と、こんなところでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

では、本題に戻りましょう!

なぜベナンの児童は算数に課題を抱えているのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論からいうと、

数に対する認識(理解)が不十分だから」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、ある1頭の犬🐕を見せられた時に「これは何ですか?」と聞かれたら「犬です🐶」と答えることができると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、ポメラニアンだろうが、フレンチブルドックだろうが1頭の犬を見たら「それは犬です🐕」と自信を持って言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜならそれは「犬とはこういうものだ」という認識(理解)が頭の中にあるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この認識のことを、難しい言葉で言うと「概念」といいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前にこんなことがありました。

 

ノートに直線を書いてみよう」と児童に指示を出すと

 

 

 

 

 

 

 

 

直線て何?」という反応があったんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうです。この時の児童には

直線とはこういうものだ」という概念がなかったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、私は次のように直線について説明しました。

まず、紐持って来て、端と端で紐を持ち「がぴんと張っている状態のことを直線」といいますと説明しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると直線を理解した児童は定規を取り出して直線をかけるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

話を戻しましょう。

もう少し頑張ってくださいね。笑  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の2つは「数に対する認識が不十分である」ザポタの学校で見られた事例です。

 

①0が何かわかっていないために0に何かを足す計算を間違えてしまう。(0とはこういうものだという認識がなかったため)

 

②数字の3が3番目にある事は知っているけど、3までに何個の数があるかはわからない。(ものや数を順番で捉える認識が不十分なため)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この問いに関して、

日本で自分たちが受けてきた教育を振り返ると理由がわかる気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本では小学校1年生になると「算数セット」という魔法の道具が配られます。

f:id:hiroyuki913:20190819073100j:image

(意外と重いんだよな。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おはじき」や「ブロック」などの具体物を使って、数に対する認識を深めていくわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「まりちゃんは、おはじきを3つ持っているね。この3つのおはじきは、2つと1つに分けることができるね。じゃ3とという数字は2と1を合わせた数字になるんだね。」というように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学校の先生が1から丁寧に「数に対する認識」を教え、深めていくわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、ベナンではそうはいきません。算数セットなんてもちろんありませんし、母語もままならない児童がフランス語で学ぶわけですから、一筋縄ではいかないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私達日本人は、こういった数に対する認識を学習指導要領に沿って、日本語で教わり、小さな頃から積み重ねてきた。そしてこの概念形成はとても奥深く、時間がかかる。数学が学校教育で主要教科とされる理由がわかる気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてそして、

だからこそ私は悩んでいるのです。

その「数に対する認識」の育成は、もうボランティア1人の力ではどうすることもできないからです。課題が大きすぎるのです。ベナンの場合は、歴史と経済も絡み合ってより教育事情は複雑な状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目指すべき目標は明確になった。

しかしそこまでの手法がわからない。

というか、結局お金と歴史の問題になる。笑

1年目を終えたからこそ見えた課題に、どうすればいいのだろうと無力感でいっぱいの毎日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実をいうと、

私はもともと教員養成の要請内容を希望していました。現地教員に授業のやり方や教材の提案学級運営や生徒指導など、日本で学んだ経験を伝えたいと思っていたからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、南米や大洋州の小学校教員が経験を生かして活動してる様子を見ると、正直羨ましかったりすることもあります。笑 (もちろん他の国は他の国で大変であることは重々承知してます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど神様は私に「ベナンに行け」と命令を出したわけですから。

最後まで、どうにかして納得いく「」を見つけられるようにしたいと思います。

後はこの算数でやり切ったといえれば、もう満点ですよ。

f:id:hiroyuki913:20190819082522j:image

(学校🏫)

 

 

 

 

 

 

とにかく一歩でも、前に進めるようにもがきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

ピタゴラスがいたら。

現場からは以上です。

それではまた〜

 

 

 

PS:健康診断引っかかりした。笑 世界で活躍され隊の皆様、健康には気をつけて!

f:id:hiroyuki913:20190819080442j:image

(最近私を見ても泣かなくなった近所の子)

日本🇯🇵に染まる–訪れるたび色濃く–

羽田に着いて、

迎えに来てくれた妻に「ただいま」と声をかけた。

 

 

 

 

「おかえり。痩せたね」と

妻は笑いながら私に言った。

 

 

 

 

 

おかえり」か…

 

 

 

 

 

おはよう」も「おやすみ」も

ただいま」も「いってきます」も

いつもなんとなく言っていたけれど、

 

 

 

 

 

毎日言えて返事が帰ってくることは、

本当に幸せなことだったんだなと実感した。

 

 

 

 

再会して、すぐにセブンイレブンに立ち寄り、

おにぎりとお茶を買った。

 

 

 

 

「どう?どんな味?」と妻が私に尋ねた。

 

「おにぎりの味だよ。冷えてるのに美味しいね」と

妻のボケにツッコム余裕もないくらい感動していた。

 

 

 

 

日本に帰ってきたんだなと、心が軽くなった。

 

 

 

 

 

「7日はどうしようか?花でも贈ろうか?」と

結婚記念日の予定について話を振ると、

 

 

 

 

 

妻は笑いながら

「捨てるの大変だから美味しいものにしよ」と答えた。

 

 

 

 

その一言に、二人で思わず人目を憚らず大声で笑った。

 

 

 

 

「花より団子。そうだ、この人はこういう人だった」

 

 

 

 

なんとなく二人の感覚を取り戻せたような気がして、すごく温かい気持ちになった。

 

 

 

 

さぁ、帰りましょう

 

京急線の電車に乗り込み、私達は自宅へと向かった。

 

(続く)

——————————————————————-

f:id:hiroyuki913:20190724214925j:image

(ワイハ🏝その①)
f:id:hiroyuki913:20190724065654j:image

(ワイハ🏖その②)

 

 

Bonjour !!

Ça va??

 

7月1日から7月18日まで日本に一時帰国していました。便利すぎる「先進国ライフ」を満喫し心身ともに充電することができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一時帰国では、いわきに帰省し美味しいものを食べたり、

f:id:hiroyuki913:20190724052343j:image

(今、食べたい。笑 )
f:id:hiroyuki913:20190724052350j:image

(港にはたくさんの魚🐟式根島を思い出した)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妻のリクエストもあり、東日本大震災の跡地を巡ったりもした。

f:id:hiroyuki913:20190724052407j:image

(私の身長は175センチ。それを超える高さでした)
f:id:hiroyuki913:20190724052400j:image

(上の写真の青いラインがこれ!)
f:id:hiroyuki913:20190724053042j:image

(いわきには、放射線量をはかる上のようなものがたくさんあります。ちなみにここは公園!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1日しか滞在できなかったけど、収穫の多い帰省だった。自分がどんな環境で育ってきたのかを再確認できたからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いわきにいた時間は「18年」だったけど、もしベナンで「18歳」まで育っていたらどうなっていたのだろう、と考えさせられた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、現役の青年海外協力隊として、新潟県の中学校に出前授業にも行ってきた。

f:id:hiroyuki913:20190724060727j:image

(全部ササニシキなのだろうか)

f:id:hiroyuki913:20190724201152j:image

(いい感じの田舎でした。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

純粋に日本語で授業ができることが楽しかったし、国際協力の分野に対する関心が非常に高く「本当に中学生!?」とすら思った。笑

f:id:hiroyuki913:20190724054721j:image

(ベナンで使われているお金💰を見せました)
f:id:hiroyuki913:20190724055415j:image

(水の大切さを伝えてきました!)

f:id:hiroyuki913:20190724065214j:image

(パワポ掲示してもらいました)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いい授業だった。

胸を張って東京に帰ることができた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、そして!!

この新潟出前授業で着用した私のパーニュに関する、ちょっと考えさせられたエピソードを紹介したい!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

突然ですが、みなさんは火熨斗(ひのし)って知ってますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄でできた柄杓(ひしゃく)のようなもので、

その中に熱した炭をいれて服のシワを伸ばしたりする、アイロンの始まりになったものです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

江戸時代から昭和30年ごろまで使われており、それから炭火アイロン、小手型アイロンと進化を遂げて、20世紀になって、ようやく今の電気アイロンが登場するんです!

f:id:hiroyuki913:20190724061519j:image

(これは炭火アイロン!ベナン🇧🇯ではこれが一般的)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、この電気アイロンを作ったのが

あの有名な「トーマスエジソン」です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恥ずかしい話ですが、私は普段ベナンではヨレヨレの服しか着ていません。(日本🇯🇵ではちゃんとしてますよ!笑)

 

だって、洗濯機も、アイロンもない生活をしていますから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、実は新潟の出前授業の前日に妻が私のパーニュにアイロンをかけておいてくれたんです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「私が教壇にに立つのに恥ずかしくないように」と。

 

 

 

 

 

 

 

 


正直に、感動しました。

 

1世紀も前に、エジソンがアイロンを発明してくれたおかげで、その日、私は妻の「優しさ」に気づくことができたんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、思いました。

もしかして、これが「技術の力」なのかなと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今乗っている電車も、整備された道路も、空調の効いている教室も、自動販売機も、高層ビルも、そのすべて技術に支えられている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

技術が人を支え、人を幸福にし、人間社会を豊かにする、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これこそが技術の力なんだと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、じゃ自分は「残り8ヶ月でどういった技術を提供することができるのか?」という

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考えてはいけない「問い」にぶつかってしまったのです。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらくそんな大きなことはできない。

というか、そこまでの実力がない。笑

 

でも、もしかしたら、目の前にいる1人くらいになら少し良い影響を与えられるかもしれない!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、無理矢理ポジションかつボランティアっぽい「」にたどり着きました。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生100年時代と言われる今の時代、

うまくいけば、残り70年の時間がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この70年のうちの、たった1年9ヵ月だけれど、この経験が自分の人生の財産になることを信じて最後までやり切りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全国の働くみなさん、もしあなたの家族や友人が、あなたの衣服👔にアイロンをかけていたらその相手に感謝の気持ちを伝えることはもちろんのこと、心の中で「ありがとう。エジソン」と言ってあげてください。笑

 

 

 

 

 

 

 

終わり。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(続き)

 

成田空港に着いた。

エチオピア航空の突然のフライト変更により、1日早く出発することになってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

じゃ、行ってくるね」妻に手を振った。

妻は笑いながら「早く帰ってこいよ〜〜」と

手を振り返した。

 

 

 

 

 

 

 

この瞬間が1番辛いんだよな…

毎度毎度そう思うんだけど、ここは「笑顔」だ!と自分に言い聞かせた。笑

 

 

 

 

 

 

ゲートを通過して、コーヒーを片手に決めた。

もう、単身赴任は絶対しない」と。笑

 

 

 

 

 

 

残り少ないけど、来年帰国した時に「さらに成長してきたよ」と胸張って言えるように頑張ろと、

 

 

 

決意新たに、30時間のフライトに向かった。

 

(完)

f:id:hiroyuki913:20190724065130j:image

(近所の売り子さん)

ハーフタイム⚽️-心を整える-

f:id:hiroyuki913:20190608003918j:image

(最初の10ヶ月avec日本人)
f:id:hiroyuki913:20190608003927j:image

(最初の10ヶ月avecベナン人)

 

 

 

Bounjour !!

Ça va??

青年海外協力隊として活動を始めて10ヶ月が経過し、残りの任期はちょうど半分になりました🙋‍♀️サッカーで例えるなら「ハーフタイム」⚽️

 

 

もがき苦しみながら闘った前半戦をしっかりと反省し「振り返り」を「繰り返す」中で見えてきたものを、後半戦につなげていきたいと思い、今日は書きためてきた「メモ」を公開したいと思います。

f:id:hiroyuki913:20190606232526j:image

(ザポタの埼玉スタジアム🏟)

 

 

 

 

長文が続きますが、ぜひご覧下さい。(特に卒業生)

 

 

 

メモ①:素人が「途上国」に来て人助けなんかできない

日本で教員として6年間働いてきたものの、私には「開発学」や「国際協力」に関する知識が全然足りないということがわかった。そんな理論のない私にとって教育、貧困や社会格差に対して関心は高く持っていたものの、どのようにアプローチすべきなのかわからず、人助けどころかもしかしたら「足を引っ張ってる?」と思うことさえあった。水道代の支払い方から電気代の管理、学校までの道のり、荷物を持ってもらったりなど「助けてもらうことばかり」で途上国で何のスキルも持ち合わせていない私にできることは多くないことを悟った。無力さ、そこに気が付けたことをプラスに捉えたい。今後は、開発学や国際協力についてもっと勉強しようと思う。一時帰国で本や論文を探してみたい。これからの時代、様々な分野で外国人受けいれ拡大が進む中、学校現場における外国人児童生徒の受け入れも拡大していくことは自然なこと。この分野での研究を進めていくのであれば、学会や大学院への進路も検討が必要なのかもしれない。

 

次に「もう一度大学院行きたい」なんて言ったら妻はどんな顔をするのだろう。。。笑

f:id:hiroyuki913:20190608060047j:image

(初めて算数の授業✍️)
f:id:hiroyuki913:20190608060053j:image

(水汲みの様子)

 

 

 

 

メモ②:歴史と「言葉

ベナンと先進国の間には、言葉にできない以上の「格差」が「言葉」によって生み出されているように思った。日本が建設した学校や中国、欧州の国々が作った道路や井戸など他国からの援助を感じる場面は多く見られるが、果たして「それはうまく行っているのだろうか?」「本当にその支援でいいのだろうか?」と疑問に思うくらい経済的に厳しく、医療やインフラは整備されていない現状がある。その理由を突き詰めることはもちろん大切であるが「そもそもなぜこんなに貧しいのか?」について「言葉」が大きく関係しているように思うベナンでは、公用語はフランス語だが、ベナン人の中には40を超える民族がおり、現地語も約10を超えるという。私の任地では「フォン語」という言葉が使われており、家族同士の会話はフォン語が使われている。しかし、フォン語の「文字」を見る機会はほとんどない。書類も街の看板もレストランのメニューでさえもだ。前回紹介したフランシー一家もフォン語で読み書きすることはできない。家族の会話を通して「話す力」は身につけても「読む・書く」は学ばないという。本屋に行ってもフォン語の教材はない。なぜならベナンの小学校は全てが「フランス語」で授業を行うからである。つまり、フォン語を学校で教科として学ぶことはないのだ。私もフォン語をホームスティ中に習ったが、フォン語は、そのものの言葉の数が少ないためフォン語での言葉の表現は限られ、政治や経済、本やインターネットもフランス語に頼らざるを得ないらしい。つまり、フランス語が操れないということはベナン人にとって死活問題なのだ。ちなみにフランシー一家は学校に通っていないためフランス語は全然話すことができない。以前、ノーベル化学賞の白川教授が日本人は「日本語で書かれた教科書を使い、日本語で教育を受けてきた。母語でしっかり学び、深く核心を突く考えを身に付けることが重要で日本語で論理的に説明できない人が英語で論理的に説明できるはずがない」と植民地支配を受けなかった日本の母語教育の優位性について触れたことがあった。最近は、英語の早期教育やその必要性がグローバル化の流れとともに加速しているが、ベナンでは現在のグローバル化以前の植民地時代からずっとフランス語が生活の中に組み込まれてきた。このような状態で「自分たちで頑張れ」というのは非常に酷な話であり、どうすれば解決できるのだろうと頭を悩ませる日々であった。またこういった状況を「念頭」にどのように教育活動に携わっていくべきか「後半戦」に向けて確実なプラス材料になった。

f:id:hiroyuki913:20190606230947j:image

(日本の支援で建てられた学校🏫)

f:id:hiroyuki913:20190606231347j:image

(井戸水もヨーロッパからの支援)

 

 

 

 

 

メモ③:過酷な環境で生きる「女性」の姿

最近の私の関心の一つに「ジェンダー」がある。今年の4月12日東京大学の入学式で上野千鶴子さんが「がんばっても報われない社会が待っている」と題し述べたスピーチはお祝い一辺倒ではなく、多くの議論をよんだことは記憶に新しい。私はこの記事を何度も何度も読み返し、全文を手帳に書き込んだ。なぜなら、このジェンダーに関する問題を生徒にどのように教えていく必要があるか「自分の問題」として受け取ったからだ。そしてジェンダーに関して「男性」こそ、向き合うべき問題だと思っている。ベナンではジェンダーに対する問題は日本より「明確」に表面化している。例えば、酒場で昼間からお酒を飲みながら喋ったり、グランドでサッカー観戦をしたり、外へ出て娯楽を楽しむのはいつも男性で、女性がそのような場に顔を出すことは少ない。また性差による男女の役割は職業選択にも顕著である。タクシーやバスのドライバーといった仕事は男性で、道端でご飯を売ったりしているのは、例外なく女性でありベナンにおける性の価値観を暮らしを通して実感した。そして、私が感じた一番の出来事は女性の「家事」に必要な労働力が半端ではないということだ。ベナンには、洗濯機も掃除機もない。電気は不安定だし、水汲みはかなりの重労働である。朝は家の前の掃き掃除に始まり、洗濯物を手洗い、夜は炊飯器などないため炭を使用し、火を起こし夕飯を準備するのに3時間はざらにかかる。このような過酷な環境で働く女性の姿に世の中の理不尽さを感じられずにはいなかったと同時に「日本はどうなのか?」と自分に矢印を向けるには十分すぎる出来事であった。帰国後は、上野氏の「女性学」という学問について研究し、授業案を作ってみようと思う。そして、自分自身が学ぶことはもちろん中学生段階から生徒と一緒に「ジェンダー」について学んでいきたいと思っている。

f:id:hiroyuki913:20190606231842j:image

(働きながら子育てする女性の姿)
f:id:hiroyuki913:20190606231831j:image

(毎日の水汲み)
f:id:hiroyuki913:20190606231850j:image

(ガスなどを使って料理をするわけではない)

 

 

 

 

 

メモ④:「経済」と「環境」どっちが大切?(卒業生向け補足授業:中1地理分野)

中学校1年生地理の南アメリカ州の授業で「アマゾンの熱帯雨林」について扱ったことがあった。経済発展を進める中でアマゾンの森林破壊が急速に悪化し、サバンナ化の可能性もあること、アマゾンの熱帯雨林は一日200億トンもの水蒸気を樹葉の蒸発を通して空中に放出しており、大陸の遥か向こう側の気候にも影響を及ぼしていることを危惧する「環境保全」とアマゾンの土地を利用し肉牛の飼育や鉄鉱石の採掘を進め、急激に経済を成長させ自国の発展を進めていく「経済推進派」の2つのグループに別れ議論をするという授業を実施した。この時、勤務先は「府中」であったが、どのクラスでも「環境保全派」がやや優勢だったことを覚えている。この日の授業の反省に「十分な経済発展を遂げた国に生活する生徒が「環境保全」を大切にする方に流れてしまうのは当然のことだ」という言葉が綴られていたが、私は今なら「途上国」と言われる国々が、地球環境よりも自国の発展を優先させたい気持ちが痛いほどわかる。例えばタイやベトナムではバイクと車による移動が大気汚染につながると言われているが、途上国にプリウスは存在しない。ベナンでの生活を経験し、お湯のでるシャワーもない、キッチンも洗濯機もエアコンも電子レンジもない。私の任地で手にはいる食料はトマト、オクラ、たまねぎ、にんにく、パン、イワシ缶くらいだし、ベナン人はペットボトルですら捨てずに売る。地球環境にばかり配慮していたらそれこそ先進国との格差は広がるばかり。途上国と呼ばれるベナンのような国の「開発」と地球の「持続可能性」を両立させることがいかに困難なことか身にしみて実感した。そしてこれはもし「アマゾン」に行って環境破壊の深刻さを目の当たりにしたらまた違った考えが、生まれてくるのだと思う。百聞は一見にしかず。自分の目で見たことが本物の学びになることを再認識した。

 

卒業生には、大学生のうちに一度「途上国」と呼ばれる国々を訪れることを強くオススメしたい。自分の生き方を含め様々なヒントを得ることができるだろう。

f:id:hiroyuki913:20190608174203j:image

(中学生は人数が多く、教室が外にある)
f:id:hiroyuki913:20190608174207j:image

(食べ物は少ない)
f:id:hiroyuki913:20190608174155j:image

(任地で買える食料)

 

 

 

 

メモ⑤:これからの私

これから、一時帰国のために日本に帰る。正直に言おう。頭の中は「ラーメンが食べたい」「牛丼が食べたい」「おしゃれな服を着て遊びに行きたい」「快適な部屋で寝たい」そんなことを考えている。ベナン人の生活から比べると「なんて欲深い」のだろうと思うときさえある。先ほど紹介した上野千鶴子さんの東大入学式祝辞の中に「頑張ったら報われるとあなた方が思えることそのものが、あなた方の努力の成果ではなく、環境のおかげだったことを忘れないでください。あなたたちが今日頑張ったら報われると思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境があなたたちを励まし、背を押し、手を持って引き上げ、やり遂げたことを評価して褒めてくれたからこそです。世の中には頑張っても報われない人、頑張ろうにも頑張れない人、頑張りすぎて心と体を壊した人たちがいます。(中略)あなたたちの頑張りをどうぞ自分が勝ち抜く為だけに使わないでください。恵まれた環境と恵まれた能力を、恵まれない人々を貶める為だけにではなくそういう人々を助けるために使ってください」という言葉がある。

 

一時帰国を通して、自分がどんな「環境」にいたのか見つめ直し「後半戦」を迎えたいと思う。

 

 

「いつか世界を変える力になる。」

JICAのキャッチフレーズであるこの言葉のポイントは「いつか」という言葉だと思う。いつになるかわからない「いつか」を目指して世界で活動する日本人の想いが形になる日が来ることを信じて、私は私なりに残りの任期を全うしたい。

 

 

はぁ。

4000字を超えてしまった。

まとめる力のなさ。

実はまだまだ残りのメモが存在している。笑

それはタイミングをみて公開することにしよう。

 

読んでくれた方々ありがとうございました😊

では!また投稿します。

f:id:hiroyuki913:20190609203939j:image