Hiroyuki⚽️Takada

教員として働きながら、フリーで国際協力をしています。

黒と、白と、黄色の私。みんなちがってみんないい

「わたしと小鳥と鈴と」

 

私が両手を広げても、お空はちっとも飛べないが、

飛べる小鳥は私のように、地面は速くは走れない。

 

 

私が体をゆすっても、きれいな音は出ないけど、

あの鳴る鈴は私のように、たくさんな唄は知らないよ。

 

 

 

 

鈴と、小鳥と、それから私。

みんなちがってみんないい。

 

 

 

 

                                                                         (続く)

———————————————————————

f:id:hiroyuki913:20190409063955j:image

(小笠原では船🚢で見送りをしてくれます。)
f:id:hiroyuki913:20190409063946j:image

(ボニンブルーの青!)
f:id:hiroyuki913:20190409064015j:image

(住みたい、行きたい、働きたい。)

 

 

 

 

 

 

 

Bonjour !

Ça va??

ベナン🇧🇯に来てから約9ヵ月が経過しました。

毎日が暑く、熱中症気味ですが、元気でやっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、みなさん!

急ですが、「差別を受けた経験」ってありますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、「人種差別」について少し重いですが、ベナン🇧🇯での経験を書きたいと思います。(キツイと思う人はここで引き返して!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、この差別に関する記事を書くことについてはずっと悩んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜかって?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって「差別」の問題ってすごくデリケートなんです。すごく気を使うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのことについて、悩んでいるという話を、小笠原諸島に行っていた妻に伝えると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある一枚の写真が送られて来ました。

それは「アルビノの亀🐢」の写真です。

f:id:hiroyuki913:20190409065000j:image

(左がアルビノです。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルビノは別名「先天性白皮症」と呼ばれ、遺伝子の欠損により、体毛や皮膚が白くなってしまう病気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勉強不足で、私はこの病気について知りませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフリカ南東部では「アルビノの体」には特別な力が宿ると信仰され、誘拐や殺人、アルビノの人への差別が根強く残っているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして「偏見差別に苦しむ歴史というものが、いろいろな形で存在しているということを知ってもらうのも現職参加の役目でしょ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、ムシャムシャと料理を食べながら答える妻の言葉に背中を押され、記事にすることを決めました。

f:id:hiroyuki913:20190409065845j:image

(これをムシャムシャしていたようだ。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまり明るい話ではないですが、1つでも学びがあれば幸いです。(それではどうぞ!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベナンでは、道を歩けば子ども達が「シノワ(仏語で中国人)」と騒ぎ立て、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心ない大人が「ヒーハーヒーハー(たぶんニーハオの真似)」と侮辱してくることもあり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん全員が全員ではないし、言葉の意味を知らずに、「ヨボ(現地語で白人)」やアジア人差別用語である「チンチャンチョン」などと言ってくる人もいて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心ないな〜。」と思いながらも、はじめて受ける人種差別は、私という人間が尊重されてないことに対する言葉にできない悲しみがあって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり普通についた。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベナン人には、かつて「奴隷」という差別によって苦しめられた歴史があるにもかかわらず、平気で差別発言をしてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歴史は繰り返されるという言葉の意味と、

その歴史が正しく公教育で教えられていないという現状に、貧困地域で暮らす人々の教育リテラシーなど途上国の根深い教育課題を痛感した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、そういう経験の中でも学べたことがあった。それは「悪意と自覚のないナチュラルな人種差別」が世の中にたくさんあるということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてそれは、外国人として生きるということを経験して初めて理解できた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番身近な例でいうと「言葉」だ。

当たり前だが、私は授業も、買い物も、料理の注文も、タクシーの予約するのも全部「フランス語」でする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中で、私の発音や言い間違えがしばしば、「笑いの対象」になる時があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「なんだその間違え!?笑」

「なんだその発音!?笑」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その悪意のない私のフランス語に対する笑いは、イジワルや差別という感覚ではなく、「いい意味」でおもしろいと捉えられていたのだろうが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バカにしてる?

とホントにぶん殴りたくなる時もあった。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真剣に話していても「笑われる」ことに悲しくもなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、「ハッとした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本にいた時、外国人の片言の「コンニチワ〜」に笑っていなかっただろうか?

 

自分のクラスにいたムハンマドに、悪意と自覚のない人種差別をしていなかっただろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまえはどうだったか?」と

急に自分に矢印を向けられた気がした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分は、無意識に悪意と自覚のない差別をしていなかっただろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

人種や文化を正しく理解する教育」が日本人には、これから絶対必要になるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ残りあと1年。

 

 

 

 

 

 

これからまだまだ、差別を受けるだろうけど、

 

 

 

 

 

 

 

でも、古くて新しいこの「差別」の問題について、大人として、教育者としてしっかり向き合っていこうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、あとベナンにはすごいいい人もたくさんいますから!誤解しないように!それでは!

f:id:hiroyuki913:20190409091835j:image

(家の前で寝ないでね。笑)

 

----------------------------------------------------------------「黒と、白と、黄色の私。」

 

 

「あなたは外国人です。日本で働きたいですか?」と聞かれた時、

 

 

素直に「はい」と言えるだろうか。

 

 

日本人の外国人を見る目は「厳しい」だろうか

それとも「寛大」だろうか。(結構厳しい気がする。笑)

 

 

 

」は関係なく、いっそカラフルに彩ることができる関係を目指したいものですね。

 

 

みんなちがってみんないいから!

                                                                         完

f:id:hiroyuki913:20190409100104j:image

(そういえば、ベナンだより!笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログde授業👨🏻‍🏫③-日本🇯🇵文化紹介編-

f:id:hiroyuki913:20190210094127j:image

(折り紙選手権その①日本人🇯🇵対決)
f:id:hiroyuki913:20190210094146j:image

(折り紙選手権その②対ベナン人🇧🇯)

 

Bonjour !!

Ça va??

 

 

 

 

 

 

 

突然ですが、みなさん。

着物」と「浴衣」の違いって説明できますか?

書道」と「書写」の違いはどうでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

海外に行くと、「日本はどうして○○なの?

と質問されることが多々あります。その質問のほとんどが単純で素朴な疑問なのに、答えられなかった経験もしばしば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社会の教員なのに、これはまずいな。

日本人なのに「日本人になりきれていない」もっと文化や宗教について学び直さなくては。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとりの人間が自信をもって生きていく土台として、自国の歴史や文化を深く理解したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同時に日本の文化を発信することで子ども達の世界への扉を開いてあげたい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう思いで日本文化紹介の授業を実施しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

授業では、まず初めに習字をやりました!

習字」とは、文字を正しく、美しく書く練習のことを指し、小中学校では、「書写」と表現され国語の一分野で指導されます!

f:id:hiroyuki913:20190210104353j:image

(上手!外国語である日本語をここまで書けるのはすごいですね!楽しそうに習字してました!)
f:id:hiroyuki913:20190210104358j:image

(先生もノリノリ!ちなみに、ベナンには「縦書き」をする文化はなく、先生は、最初に自分の名前を横書きで書いてました。指導しました!笑)
f:id:hiroyuki913:20190210104404j:image

(みんなでばっちり集合写真🤳)

 

 

 

余談ですが、「書道」とは筆と紙を通して、自己表現をすることを目的とする「芸術」だそうです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるほど、そう考えると自分は今まで「書道」はやったことがないなぁ〜と。

少し前に映画化された、「書道ガール」も芸術の分野になるのかと!確かに書写ガールとか、習字ガールだとピンときませんね。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2時間目は折り紙です。

折り紙」は紙を折って動植物や生活道具などの形を作る日本伝統の遊びです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに折り紙が一般庶民に広く認知され、遊びとして親しまれるようになったのは、紙の生産量が増えた「江戸時代」だと言われています!

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、もう400年以上!!

今も幼稚園や小学校の図工などで取り入れられていると考えるとすごいですね!これぞ伝統文化ですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこの折り紙、子ども達には大人気でした!

f:id:hiroyuki913:20190213083853j:image

(意外とみんな抵抗なく、上手におります!)
f:id:hiroyuki913:20190213083907j:image

(カラフルでとてもキレイ!)
f:id:hiroyuki913:20190213083900j:image

(飛行機完成✈️カメラへのアピールがすごい!)

 

 

 

 

 

 

日本文化紹介は、生徒も先生も満足してくれました。また自分自身も日本の歴史や文化について見直すいい機会になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、一つ疑問が残ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、そもそも「なぜ日本人は、自国の歴史や文化を深く知らないのか?」とうことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔こんな話を聞いたことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある海外からの留学生が「日本というのはどういう歴史の国なんだ?」と日本の学生に聞いたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると学生は「日本史をとっていないから分からない」とその留学生の質問に答えたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに日本では、高校に入ると「日本史」は選択科目となり、日本史を学ぶこと自体が中学生で終了する生徒もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、海外の人からすると、自国の歴史が選択科目になる意味もわからず「なんで君たちはジャパニーズなのに日本の歴史を知らないんだ」と言う話になるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恐らく、このような状況になってしまった原因は「戦争」にあるのかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し、社会の教員っぽく解説すると、

戦前の日本の歴史教育天皇制を大切にしてたということもあって、戦争に負けたことで戦前に行われていた事は、全部誤っていたかのように扱われてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、ポイントは「全部誤っているかのように扱われた」というところなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、どんな理由であれ、戦争はダメです!軍国主義教育も絶対ダメ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、戦前の中で育てていた日本人としての歴史への「誇り」や文化に対する「愛情」のような「愛国心」に繋がるようなものは、もっと丁寧に扱っても良かったのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果として、今日本人の多くが、日本の歴史や文化について語れず、「迷子」状態になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だってね、ベナン人の同僚に政治や歴史のことを聞くと、自信もって、聞いてないことまでたくさん話すんですもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、この人「ベナンが好きなんだな」とそう思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛国心とか、誇りとか、少し堅苦しい言葉ではなくて、海外の人に日本について聞かれたときに、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、この人日本が好きなんだな」とくらいに思ってもらえるよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一回、細かいところまで勉強して、子どもたちに伝えられるように努力したいと思います。これもベナンに来たからこそ実感できたこと。

 

 

 

 

 

 

よーーーし!日本人になるぞ〜〜!

それではまた〜〜

 

 

f:id:hiroyuki913:20190221075747j:image

(そういえば、ベナンだより発行しました!式根島の皆さんご覧ください!)

いま、会いにいきます-In モロッコ🇲🇦-

午前4時。

眠たい目を擦りながら、スーツケースを片手にコトヌーにある隊員住居を出た。

 

 

 

真っ暗闇の中、車のヘッドライトと共にカシミールの姿が目に入る。

 

 

 

 

カシミールベナンの協力隊員御用達のタクシー運転手。気さくで真面目な彼は、必ず約束した時間に迎えにくる。スーツケースをトランクに入れ、舗装されていない道路をゆっくり車が走り出す。

 

 

 

 

 

 

「何しにモロッコに行くんだい?」

カシミールが僕に話しかける。

 

 

 

 

 

 

「妻に会いに行くんだよ。半年ぶりにね」

手動で窓ガラスを開けながら、外の空気に当たる。ベナンはまだまだ蒸し暑い。

 

 

 

 

 

 

「なぜ家族なのに離れて暮らすんだ?子どもはいるのか?奥さんは何の仕事をしてるんだ?」

カシミールの質問は止まらない。ベナン人は一気に2つも3つも質問をしてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

「前にも一度話したんだけどな....」

心の中で、少しめんどくさいと思いながらももう一度説明をする。

 

 

 

 

 

 

 

そうこうしているうちに、空港に到着する。カシミールに2000FCA(日本円で400円)を支払い、スーツケースを車からおろす。

 

 

 

 

 

「Bon voyager (よい旅を)」

手を振るカシミールにMerci (ありがとう)と言葉をかけ、僕はゲートへむかった。

 

                                                                         (続く)

———————————————————————

f:id:hiroyuki913:20190203071116j:image

(IN シャウエン)
f:id:hiroyuki913:20190203071109j:image

(IN マラケシュ)

 

 

Bonjour!!

Ça va??

 

1月12日から18日まで、1週間の休暇をいただき、青年海外協力隊の一つとして認められている任国外旅行に行ってきた。

 

 

 

 

 

 

行き先は「モロッコ🇲🇦」

目的は「妻に会うため」

 

 

 

 

 

 

 

 

約半年ぶりに再会したが、まるで昨日の続きのように会話ができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり私達は夫婦なんだね

そんなことを言いながら、仕事のこと、家族のこと、日本のこと、ベナンのこと、そして未来のことを話し合った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなに会話をしたのは、今までで1番ではないだろうか。離れた分、より相手を大切に思えるようになったと実感する。

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり結婚して良かった

何年経ってもそう言える関係でありたい。

ロッコ旅行は大切な気持ちを思い出すのに十分な時間だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

階段も、お店も、扉も、どこまでも青い町シャウエンは山の中に挟まれるようにしてあり、ちょっと浮世離れしているけど、素朴で親切な人ばかり。まるでメルヘンの世界だった。

f:id:hiroyuki913:20190203072940j:image

(青くぬるのは蚊などの虫除けの意味があるとのこと。)
f:id:hiroyuki913:20190203072933j:image

(我が家は毎回旅行にいく度にマグネットを買って、冷蔵庫にコレクション)
f:id:hiroyuki913:20190203072920j:image

(とにかく青が綺麗)

f:id:hiroyuki913:20190203081120j:image

(くつ👞)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界遺産だけど、いまも変わらない生活の場であるマラケシュメディナには、夜ごとにお祭り騒ぎのフナ広場や迷路のようなスークの喧噪と路地裏の静寂を肌で感じることができる場所があり、モロッコ随一の観光地を楽しむことができた。

f:id:hiroyuki913:20190203073910j:image

(街の喧騒からちょっとエスケープできる。ここ実はカフェなんです!)
f:id:hiroyuki913:20190203073916j:image

(サボテン🌵)
f:id:hiroyuki913:20190203073904j:image

(フナ広場。雰囲気良かった!)

 

 

 

 

 

 

 

そして何よりも食事が素晴らしかった。ベナンでは簡単に手に入らない色とりどりの食材に興奮した。

f:id:hiroyuki913:20190203074514j:image

(モロッコの郷土料理)

f:id:hiroyuki913:20190203074506j:image

(ベナン🇧🇯では簡単に食べられないものが、普通に食べられる。)
f:id:hiroyuki913:20190203074523j:image

(美味しかった)

 

また、その他にもマックやスタバ、ケンタといったベナンでは食べられないジャンクフードを食べ高カロリーを摂取。久しぶりに湯船に浸かることもできた。幸せのインフレを体感した。

 

f:id:hiroyuki913:20190204101558j:image

(ホテルは、とにかく綺麗で疲れが癒された)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、いよいよ帰国の日。

「次は七夕に。結婚記念日に」そう約束し帰路についた。

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りの空港で1人ベンチに座りながら、これまでの活動について振り返えった。

 

 

 

 

 

 

 

 

「何のためにベナンに来たのか?」

「自分の存在意義はなにか?」

そして、何より自分のためだけではなく、応援してくれている家族や友人のために頑張らなくてはと初心に戻ることができた。

 

 

 

 

 

 

 

 

よし、もう一段ギアを上げよう。

気持ち新たに僕は、飛行機に乗り込んだ。

 

 

 

----------------------------------------------------------------

(続き)

ちょうど、6時頃。

まだ少し薄暗い中、空港に到着した。冬のモロッコから急に暑い。コートとニットを脱いで半袖になった。

 

 

 

「あー戻ってきてしまったんだ。」

そんなことを思いながらiPodを取り出し音楽をかける。

 

 

 

そんな時代もあったねと、いつか話せる日が来るわ。

あんな時代もあったねと、きっと笑って話せるわ。

だから今日はくよくよしないで

今日の風に吹かれましょう。

 

 

 

 

大好きな中島みゆきメドレーを聞きながら、スーツケースを引きずり住居に戻る。

 

 

 

あと1年。

ここに生きた時代が必ず後の時代に繋がることを信じて、とにかく前に進もう。

f:id:hiroyuki913:20190204105259j:image

(今日の一枚。長屋キッズ)

ベナン🇧🇯だより⑤

f:id:hiroyuki913:20190104083337j:image

式根島のみなさん、新年あけましておめでとうございます🎍⛩旧年は大変お世話になりました。遠くからですが島の発展を祈っています!

 

さて、式根島限定通信「ベナン🇧🇯だより⑤」を発行しました。ぜひご覧ください。

f:id:hiroyuki913:20190105175302j:image

(伊勢海老🦞食べたかったな〜)

 

 

 

——————-ここからは普通のブログ——-————

 

新年を迎えるにあたって、必ず考えることがある。

それは「今年1年をどんなテーマで過ごしていきたいのか?」ということだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、今年は少し違った感情がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年の瀬で賑わう市場を眺めながら自分の人生を振り返った。ベナンに来て、「世界」には数多くの「不平等」が存在することを本当の意味で知ることができた。

f:id:hiroyuki913:20190105211035j:image

(お正月の食材の買い出しで忙しそう)
f:id:hiroyuki913:20190105211018j:image

(お気に入りのパーニュを着ているよう)

 

 

 

 

 

 

 

食べるものにも、着るものにも、住む場所にも困らず生きてきた日本での日々。

世界中の人間の中でも、自分は「運がいい人生」を歩めてきたのだと実感した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまたま日本に生まれた。

たまたま日本が豊かだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「奇跡的」にも「偶然」日本人として生まれたことはただの「」でしかないのだから、

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ「どんな人生を送りたいのか?」について2019年はしっかり向き合う必要がある。そう思った。(結局5日間もかかってしまった)


f:id:hiroyuki913:20190105214728j:image

(ガンビエの正月は賑わっていました)
f:id:hiroyuki913:20190105214737j:image

(くさかった。笑)

 

 

 

 

 

 

 

人生の目的を考えたことはないけど、自分と向き合って1つ答えを出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、

心ふるえる瞬間が多い人生」を送りたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卒業式に「3年間頑張ってよかった」と生徒の大人になった表情に目頭が熱くなるあの気持ちのように。

 

結婚式で「いよいよ今日、この人と結婚するんだな」と実感する、かけがえのない瞬間に感極まるあの気持ちのように。

 

高校生の時、初めて国立競技場を歩いたときに、鳥肌がたったあの時のように。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が「心ふるえる」ことと同時に

誰かの「心ふるわす」ことができる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワクワクする。

ガッツポーズの多い人生にしたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、そのために「今年1年をどんなテーマで過ごしていくのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年は2つのテーマを掲げた。

 

 

 

 

 

 

 

 

1つ目は「自分を信じる

社会人になってからは「組織の中の私」ということを意識することが多かった。自分の意見だけでなく、他人の意見に耳を傾けてバランスをとるような意思決定をした事もあった。それが組織を円滑にまとめることにつながると思っていた。

 

もっとワガママになっていい」自分のイメージを大切に直感を信じていきたいと思う。アイディアを形にするために何度も何度も試行錯誤を繰り返し、結果に対して責任をもてるようにしたい。もちろん努力を怠ることなく、過信しすぎず謙虚な姿勢をもってチャレンジしていきたい。

 

自分が納得して行動するものだからこそ、心がふるえる。

 

今年は自分を1番信じる。自信のある自分でいたい。感覚で攻めていきたい!

 

 

 

 

 

 

 

 

2つ目は「弱い自分と闘う

昨年は、感情に流されてしまうシーンが多かった。常に冷静に判断できるように弱い自分と闘いたい。上手くいかない時、アフリカ生活が辛い時は必ずくる。もし、今やっていることに疑問や自信を持てない時があったとしても、地味な作業の繰り返しが大きな成果になることを、弱い自分に流されないよう闘っていきたい。苦しい時ほど本当の力が試される。成長チャンスと捉えたい。苦しさを乗り越えて掴む成功、成長だからこそ心がふるえること

 

現状に甘んじることなく、目標に向かって頑張りたい。情熱を前面に。

 

 

闘える人間を目指したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年も思い切り、全力で生き様を見せられるように頑張ります!引き続きよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、偉そうにダラダラと書いてしまった。

ベナンでの生活も笑っても泣いてもあと1年3か月。

今生きている時間そのものがすごく価値のあるものであり、日々自分を成長させているものだと思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベナンには感謝しかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、少しでもベナンのために、ベナンの子ども達のために、自分のもっている全てのものを置いていけるように活動に励んでいきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

くそ〜〜。

面白いことが思い浮かばない。

最後にここ最近の写真を紹介して締めくくろうと思う。

 

それでは2019年もよろしくお願いします🙇

f:id:hiroyuki913:20190105233741j:image

(ベナン一の市場。ダントッパ!)
f:id:hiroyuki913:20190105233653j:image

(アートセンターにて!)
f:id:hiroyuki913:20190105233721j:image

(ガラクタかと思ったら売り物だった。)
f:id:hiroyuki913:20190105233629j:image

(かわいい。)
f:id:hiroyuki913:20190105233702j:image

(アフリカの楽器tam-tam)
f:id:hiroyuki913:20190105233713j:image

(どっかの子)
f:id:hiroyuki913:20190105233636j:image

(ベナン食アタシ!)

ではまた!

吾輩はヨボである。

吾輩はヨボである。

名前はまだ覚えてもらえていない。

どこで生まれたかとんと見当がつかぬ。

 

 

 

 

 

何でもアフリカ大陸にあるどこの国だかわからない所で毎日夜泣きに悩まされていた事だけは記憶している。

 

 

 

 

 

吾輩はここで初めてガスや水道なしに生活する人々というものを見た。しかもあとで聞くとそれはベナン人という人間中で一番陽気な種族であったそうだ。

 

 

 

 

 

このベナン人というのは、時々我々を見ては「ヨボヨボボンソワサバビャンメルシー」という訳のわからない歌を歌うという話である。

 

 

 

 

 

しかし、その当時は何という考えもなかったから別段恐ろしいとも思わなかった。

 

 

 

 

 

ただ赤土の上で彼らと会話をしたり、彼らの生活に入り込もうとした時何だソワソワした感じがあったばかりである。

 

 

 

 

 

暑さで汗を拭いながら落ち着いてベナン人の顔を見たのがいわゆるアフリカ人というものの見始めであろう。

 

 

 

 

 

この時、妙なものだと思った感じが今でも残っている。

 

 

 

 

                                        「吾輩はヨボである」続く

————————————————————————-

f:id:hiroyuki913:20181219211310j:image

(かわいい。でも夜泣きはダメ。泣かないで。)
f:id:hiroyuki913:20181219211302j:image

(かわいい。昼も泣いてるね。ダメ。泣かないで。)
f:id:hiroyuki913:20181219211316j:image

(新しい隣人。うるさい。静かにしようね。)

 

 

 

 

 

 

 

Bonjour!!

Ça va??

ベナンでの生活も5ヶ月が経過しました。2018年も残すところ僅かに。みなさんいかがお過ごしですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年。

今年のテーマは成長だね

1月、川崎大師に向かう道の途中に嫁と今年の抱負を語り合ったあの日からもう1年が過ぎようとしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

失敗」と書いて「成長」と読む。2018年が終わる時にどれくらいの失敗から成長を得ることができたのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確認と反省の意味も込めて今年を振り返っていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

①1月〜3月「式根島


f:id:hiroyuki913:20181219220038j:image

(無事に進路が決まりますように)

f:id:hiroyuki913:20181219223055j:image
(青と緑のコントラスト。いつ見ても綺麗だ。)
f:id:hiroyuki913:20181219220046j:image

(まるでドラマでした。)

 

3月まで式根島中学校で勤務をした。

式根島ではいろいろなことを教わった。失敗というより、教えて頂いたことのほうが遥かに多く、島民の方々には感謝の気持ちでいっぱいだ。本当に成長できた。

 

 

 

 

 

 

唯一、失敗から学んだ成長というのは、運動会での肉離れくらいだろうか。笑 

自分の身体の現在地を知ることができた。笑

起き上がることも困難で、家の階段の登り降りまで迷惑をかけてしまった。

 

私は運動会とは相性が悪いらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

②4月〜6月「駒ヶ根

f:id:hiroyuki913:20181220001058j:image

(素晴らしい班でした。)
f:id:hiroyuki913:20181220001105j:image

(素晴らしい班だったよ。)
f:id:hiroyuki913:20181220001038j:image

(いつも支えてくれてありがとうございました!)

 

駒ヶ根は語学以外は素晴らしい時間を過ごすことができた。笑

一番年上でもなく、年下でもない丁度良い立ち位置は、とても心地よく私を怠けさせた。笑

 

 

 

 

 

 

 

それと同時に年上隊員の姿勢からあることを学んだ。それは「なるべく年下の子達にチャレンジの場を与える」というものだった。

 

 

 

 

 

 

 

キャリアも経験も実力もあるが、後ろからサポートに徹し若手に経験を積ませてあげようとする懐の深さはとても勉強になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

同時に「自分は若手の時にどんな言葉をかけてもらったか。どんな言葉にやる気を出したり、救われたりしたか」

 

 

 

 

 

 

 

 

これから中堅、ベテランとなっていく上で学ぶべき必要なことを背中で教えてもらった。そのような人達と出会えたことはラッキーとしか言いようがなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

③7月〜12月「ベナン

f:id:hiroyuki913:20181220002934j:image

(算数の授業)
f:id:hiroyuki913:20181220002942j:image

(算数の授業したよ。)
f:id:hiroyuki913:20181220002947j:image

(やっぱり算数の授業だね。)

f:id:hiroyuki913:20181220014455j:image

(算数だよ?笑)

 

 

ベナンでは失敗と迷い、寂しさの連続だった。

まず、初の単身赴任。

予想以上に寂しかった。笑

 

 

 

 

 

 

 

家族は「一番大切なジブンの居場所」だと実感した。そこに「いる」ことだけでもありがたいとこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ベナンでの生活は困難を極めた。キッチンがなく、シャワーもなく、トイレは外、ミネラルウォーター買えず、長屋に住む赤ちゃんの夜泣きに寝れない日が続いた。

 

 

 

 

 

 

 

また活動も上手くいく日もあれば、そうでない日もあった。現場経験7年目にして「まだ失敗するのか」そう落ち込んだ日もあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、「ネガティブな経験にこそ価値がある」成長のためのヒントがたくさんころがっているはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の残り僅かな時間の中で、かき集めたヒントを見直し、研究し、自分の成長に繋げたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年は「成長」した!(自己肯定感高め!笑)

2019年も成長できる充実した1年になるように、目の前にあることに全力で向き合っていこうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年はきっといい年になる。

きっときっときっといい年になる。

 

発信することは得意ではなかったけど、ブログを通して一つでも良い報告をできるように頑張ります〜!

少し早いですが、みなさん良いお年を!

—————————————————————————

追記

「吾輩は人である。」

 

吾輩はヨボである。 

 

ヨボとは白人という意味で人間である。

 

人は猫ではないので感情がある。

それによって苦しむことも、悲しむこともあるが、その負の感情から何かを学ぶことができる。

 

 

猫は人間のような感情を持たないかもしれないが、自分は人間であることを感謝し、前向きに生きていきたい。

 

私は全然完璧ではない。しかし成長意欲だけはある。一歩ずつ、一歩ずつ頑張っていきたい。

 

 

                                          「吾輩はヨボである」完

 

f:id:hiroyuki913:20181220014250j:image

(今日の一枚。約束通りシェリーココ行ってきた!)

 

ベナン🇧🇯だより④

f:id:hiroyuki913:20181120051855j:image

式根島のみなさんご無沙汰しております。島の伝統行事でもある学芸会、今年は誰が主役を担ったのでしょうか?

 

さて、式根島限定通信「ベナン🇧🇯だより④」を発行しました。ぜひご覧ください!

f:id:hiroyuki913:20181120053208j:image

(泊海岸。よく散歩🚶‍♂️したな〜)

 

 

 

————-——ここからは普通のブログ———————-

f:id:hiroyuki913:20181120053411j:image

(フランス語の授業🇫🇷私の方が勉強になりました🙇‍♀️)
f:id:hiroyuki913:20181120053403j:image

(これは手洗いをしている様子。ホント水は貴重だよね。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Bonjour!!

Ça va??

お久しぶりです。更新サボってごめんなさい🙇‍♂️

実は先日、体調を崩しコトヌーで療養していました。(ただの飲み過ぎです…笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

療養初日。コトヌーで「人生で初めて泣きながら一人でご飯を食べました。」満足に食事がとれることの有り難みを身をもって感じたからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生の幸福度は、食欲の満足度に比例するという学説もありますが、まさにその通りだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

」という字は「人を良くする」と書くくらいですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に食べられることに感謝です。この経験を子ども達にもどうにかして伝えていきたいですね。(ちなみに体重は4キロ減り、高校時代と同じになりました。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ザポタに来て3ヶ月が経過し、ベナン隊の掟でもある移動自粛期間が終了しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっそく先輩隊員の研修会に参加させていただいたり、

f:id:hiroyuki913:20181120060007j:image

(この後、飲み過ぎで療養になりました。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教育隊員のみんなで運動会の競技練習をしてみたり、
f:id:hiroyuki913:20181120055949j:image

(恐るべし身体能力!わずか15分程度で完ぺきないかだ流し!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サッカー⚽️で実力の差を見せつけたり、

f:id:hiroyuki913:20181120060737j:image

(技術は勝っても、ベナン人の底知れぬ体力と驚異的な身体能力には完敗でした。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ日本人隊員の方々の活動から多くを学び、異なる任地を訪れたことで、また違ったベナンの一面を発見できたり収穫の多い遠征でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、そういった様々な学びの中で「自分はどうするか?」を考える機会をいただき、当分は「算数」に重点をおいて活動しようという意思を決めました!(もちろん、体育と図工も継続はします)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その名も「考える算数」の授業実践 inベナン🇧🇯!!

f:id:hiroyuki913:20181120061725j:image

(手作り教材集を作成!考える算数教材ネタ10選!なんせ時間がありますから。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「考える算数」の授業実践を決めた理由は二つあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一つ目は、学生時代の経験です。

残念ながら私は学生時代に算数或いは数学を「好きだ!」と思った記憶がありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生もすごく苦手で、ずっと一方的に先生の話を聞き、授業中何度も何度も時計をチラ見しては、「あ〜まだ2分しか過ぎてない。」と早く授業が終わればいいのにと思うこともしばしば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、国語や社会、体育などの得意な教科は「え!もう終わり?」と同じ50分でも感じる早さが全く異なりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「楽しい」「わかる」「おもしろい」と自分が実感できることと同時に、自分が主役になって学習する時、勉強は「やらされるもの」から「やりたいもの」に変わるのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして実際、考える算数の授業を実践してみるとベナンの子ども達の集中力は素晴らしいものがあると思います。

f:id:hiroyuki913:20181120064638j:image

(考える算数の授業実践。)
f:id:hiroyuki913:20181120063117j:image

(一生懸命やってました。)
f:id:hiroyuki913:20181120063108j:image

(もっと思考することの楽しさを知ってほしいですね🙆‍♂️)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この授業、50分やって実際に私が話をした時間は3分ないと思います。子ども達が主役になる授業をもっと提供したいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして二つ目は、尊敬する先輩教員から頂いた言葉を思い出したからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が初任の時、尊敬する先生からある言葉を頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは

教師は教材研究の深さしか教えられない

というものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いくら生徒指導ができても、部活の顧問として結果を出そうと「授業が下手では、三流。」とよく言われたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分で学んだ分だけ、生徒に教えることができる。この言葉をベナン🇧🇯で思い出させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直、算数の授業なんて作ったこともないし、経験もない。小学校の先生からみたら批判されるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも教材研究が深ければ深いほど、いろいろな角度から教えられるということを信じ、この実践に踏み切ったというわけです。見切り発車です。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、この記事をみた教育関係者のみなさん、小学校でできるおもしろい算数の教材があったら提供してください。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに今日の考える算数の授業はこんなことをやりました。

f:id:hiroyuki913:20181120065821j:image

(足して15を作るというもの。しかし足せるのは縦と横の数だけ。なるべく余る数字をなくすというルールです。)

f:id:hiroyuki913:20181120065815j:image

(結構考えますよ!)

f:id:hiroyuki913:20181120070022j:image

(子ども達が黒板に書いた解答)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実力も経験もない私ですが、残り1年4カ月!

一歩一歩、必死に頑張ばりたいと思いますのでいろいろアドバイスくださーい!(特に算数。←他力本願。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でわ!アディオスアミーゴ。


f:id:hiroyuki913:20181120072116j:image

(今日の学校🏫)

f:id:hiroyuki913:20181120072352j:image

(日本の援助により建設!)

 

いつか必ずいい流れが来る。

f:id:hiroyuki913:20181029070121j:image

(Maryダンスの練習💃)
f:id:hiroyuki913:20181029070127j:image

(最近毎日お菓子をちょうだいと家に来る)

 

 

 

Bonjour!! Ça va??

早いもので、今年も残り2ヶ月ですね。

東京は肌寒くなってきましたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

任地ザポタに来てもうすぐ3カ月が経過します。活動は、少しずつ進めているところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今は算数、体育、図工を中心に授業を見学したり、実際に自分でも授業したりしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

見れば見るほど、関われば関わるほどに「途上国の教育の深刻さ」を実感します。

 

 

 

 

 

 

 

 

先生が学校に来ない」「電話で1時間戻ってこない」なんてことは日常茶飯事で、その間子ども達は放置されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に酷かったのは、この前見学した算数の授業。先生が生徒達にある問題を出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒は一生懸命、自分用の小さな黒板に答えを記入し、ある一人の生徒が答えを発表しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お!あってる。正解だ!!!

私は心のなかで小さくガッツポーズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、その瞬間なぜか生徒は教師に体罰棒で殴られました。答えは合ってるのに……なぜ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭の中が「???」でいっぱいになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原因は、先生がその問題を正確に解けなかった。生徒の答えは合ってるのに、先生の答えが間違っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、先生は間違っている自分の答えを正確だと思っているから、生徒を殴った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直、もうこれは無理だと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで、子ども達は「お金がないから」学校に行けなかったり、中退せざるを得なかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思ってました。(もちろんお金がなく行けない子もいる。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、今日の算数の授業で少し考えが変わりました。自分がこの生徒だったら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校には行きたくなくなる」行かないで働いたほうがよっぽど自分の為になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校がつまらない、おもしろくない。運動会や合唱コンのような楽しい行事もない。活躍の場もない。勉強しても意味がない。挙げ句の果て問題を解いても殴られる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、行きたくなくなるわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教育は「受ける側」の問題ではなく、「教える側」の問題なんだと実感しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「教える側」の育成なくして、ベナンの教育の発展は望めない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家に帰って一人考えました。

現地の教員の意識や能力を伸ばすために「やるべきこと」は何か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直、任地に来るまではに来るまでは「やるべきこと」より「やりたいこと」を考えてしまうことが多く、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しでも、「結果を出したい」と思う気持ちがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ自分はボランティアとはいえ、お金をもらって活動している立場。お金を払っている人達に対して責任をとれる活動をしたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして思い返すんです。

教員として働いていた時のことを。

 

 

 

 

 

 

 

 

朝早くに教室の掃き掃除をしたり、毎日一人一人に声をかけるように努力したり、学習を定着させるため大変だけど、こまめに小テストをしたり、月に一度面談をしたりなどなど、やるべきことを確実に実践してきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

地味な作業だけれど、この細かい一つ一つの作業があったから、「ここぞ!」という時に生徒は成長してきた。(たぶん。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じように自分ができることは、それは本当に地道な作業だけれど、授業の教材アイディアを紹介したり、板書の書き方や説明の仕方を粘り強く現地教員に教えていくことではないかと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

諦めずに、一緒にベナンの教育の土台を共に作っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして何より現地の教員が「主体的」に「継続」できる、しかも生徒にとって実生活に役立ち、且つ「楽しい」と感じる授業や教材の提案をしていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いい流れがくることを信じて、自分なりに「学びの楽しさ」を伝えていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、いつかベナンの先生達を日本の学校に連れて行きたい。自分の目でみて、刺激を受け教育の重要性を感じてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや〜

もがくね〜〜

2018年は、もがいてばかり〜〜

次は写真多めにのせられるようにします!

2019年ももがきそうだな〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

では、また更新します!

f:id:hiroyuki913:20181030183013j:image

(日本円で100円のスパゲティ🍝自炊が面倒な時はこれ)

 

ベナン🇧🇯だより③

f:id:hiroyuki913:20181018033034j:image

式根島のみなさん、お久しぶりです。運動会はいかがでしたか?肉離れしてませんか?笑(一昨年、私は運動会で肉離れをし多大なるご迷惑をおかけした。)

 

さて、今回の「式根島限定ベナン🇧🇯だより」は私の活動について書いてみました。ぜひ、ご覧下さい!

f:id:hiroyuki913:20181018032920j:image

(優勝🏆したけど、貢献できず。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

———————-ここからは普通のブログ—————-

f:id:hiroyuki913:20181018010337j:image

(ベナンにある日本が建てた学校🏫)
f:id:hiroyuki913:20181018010348j:image

(外に出て、改めて日本の凄さがわかりました。)

 

 

 

 

 

 

 

 

Bonjour!!

ça va??

ベナンに来て、3か月が過ぎました。「途上国で生きる」ということの過酷さを実感しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベナン🇧🇯に来る協力隊員(男性)は、最初の3カ月で平均10キロ痩せるそうです。(ちなみに私はまだ3キロしか痩せてないです。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食料が十分に手に入らず、日中の気温は35度を越え、断水に停電。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

停電で扇風機が使えなくなる日には、泣きたくなります。笑 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜は、隣の家の赤ん坊の泣き声👶でなかなか寝つけず、夜風に当たりに行くこともしばしば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤ん坊3人の泣き声はもはや合唱。お母さん方の大変さを実感しています。

f:id:hiroyuki913:20181018024021j:image

(星がすごくキレイ!伝わらない悔しさ。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しんどい。笑

正直な心の声です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

活動はというと、月曜日から水曜日まで授業を行い、

f:id:hiroyuki913:20181018014331j:image

(体育で体つくり運動をやりました。)
f:id:hiroyuki913:20181018014314j:image

(コートを自分達で作っています。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木曜日と金曜日は授業見学。(もちろん雨が降ったら自主休講。笑)

f:id:hiroyuki913:20181018014618j:image

(育児しながら授業。すごい。)
f:id:hiroyuki913:20181018014608j:image

(通りかかったら、木を切ってた。笑 なぜ?笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言葉が上手く伝えられず、悔しい思いばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日ドッチボールの授業をした時、二つにチームを分けて、試合を開始するも説明が上手く伝わらず、結果、下投げのゴロのドッチボールに、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいや、それボーリング。絶対当たらんやん。

違くて、こうやって投げるの!」と強く投げたら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

危ない。」と生徒に言われ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え〜〜優しい。ぢゃサッカーにしよう。」とサッカーに逃げることもしばしば、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他にも、校庭で体育をしてると中退した生徒や学校に行かない子が「体育の授業に混ぜてほしい」と見学、乱入してきてきたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苦労することばかりです。ただ、たくさんの苦労があるから成長できるんだ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単に手に入れたものは壊れやすい。」と自分に言い聞かせて、頑張ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

授業が終わった後は「どの言葉が通じて、どの言葉が通じなかったか」「どんな単語が出てこなかったか、この説明でよかったか」など振り返りし、また再チャレンジする毎日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最近、不思議な気持ちになることがあるんです。日本にいた時は感じなかった気持ち。それは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あーもっと働きたい。」そう思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

働いてた時は、土日の部活動、修学旅行や運動会などの行事、終わらない職員会議、夜まで続く生活指導、絶え間ない事務処理、鳴り止まない保護者からのクレーム電話と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

息つく間もなく働き、「もう辞めたい。」そう思ったこともありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、ベナンに来てからは、自分に「役割がある」ということのありがたみを感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「今でも卒業生の進路や就職等が気になるのは、彼らに真剣に向き合い、自分の仕事にやりがいを感じていたからだろう」と同時にその「役割」を与えてもらってたことに感謝でいっぱいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてもう一つ。 日本人の働き方について思うことがあります。最近は、過重労働や古い会社の体質が問題視され、自分もそれは問題だと思ってたけど、今は少し違う気持ちがあるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、今に至るまで、喜びも苦しみも分かち合い、がむしゃらに働き、この国を発展させ家族を養ってきた、すべての会社と働いてきた先人達には、「ありがとう」という気持ちを伝えたい。というものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の道にはベナンのように、たくさんのゴミは落ちてない。それは誰かが拾っているから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本では学校に行けば、必ず授業がある。それは先生が必ず来るから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本では、お腹ぎ空いてもすぐ買い物に行ける。それはその時間を犠牲にして働く人がいるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分達の生活は働く人によって支えられ、そのおかげで生活が豊かになる。当たり前のことだけど、当たり前ではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、働き方に関しては、いろいろ議論があるだろう。でも私は、日本人が「勤労を大切にする民族」で本当に良かった。運が良かったと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこれからは、どんな風に働いていきたいのか、自分の人生のグランドデザインをベナンでしっかり考え直したい。そう思っています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、あと1年5か月!!!

やれることを考え頑張りたいと思います!

f:id:hiroyuki913:20181018032701j:image

(今日の一枚。ザポタキッズ!)

 

ブログ de 授業👨🏾‍🏫②

f:id:hiroyuki913:20180929163756j:image

(体育の授業でサッカー⚽️をしました!)
f:id:hiroyuki913:20180929163649j:image

(EXILEのATSUSHIをイメージ。笑)

 

 

Bonjour!!

Ça va??

先週は「体育の授業」を実施しました‼︎

せっかくですから、第2回目の「ブログde授業👨🏾‍🏫」書いてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週の算数の授業では、私のフランス語レベルが低いため、指示が通らないという反省点が上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、今回はその反省を生かし授業前日にクラスのリーダー格の生徒を集め、当日の動きを確認することにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「全員揃ったら2列に整列させてほしい」

「準備運動は前で一緒に見本をしてほしい」

「静かにならなかったら注意してほしい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、念入りに「協力体制」を作り、いざ授業へ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はサッカー⚽️をやるぞ!」というと生徒は大興奮。まるで、修学旅行中の男子部屋のような騒ぎようでした。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベナン🇧🇯では体育の授業は週に2回程度ありますが、そなほとんどは整列や行進が中心で、道具もないので、サッカーを体育でやるということは奇跡に近いことなんです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

打ち合わせ通り、リーダーが整列させ準備運動が完了!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぢゃチームを二つに分けて、「自分達で今日の授業の目標を話し合いなさい」と指示。

f:id:hiroyuki913:20181004031828j:image

(このチームの目標はみんなで協力すること。いいね〜)
f:id:hiroyuki913:20181004031833j:image

(このチームは左の生徒が攻撃で、あとは全員守備する作戦で、目標は役割を分担すること。開始2分でこの作戦はボツ。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ペットボトルで作った、オリジナルゴール🥅を設置し、いざ試合開始!

f:id:hiroyuki913:20181004032215j:image

(いや〜よく走る。)
f:id:hiroyuki913:20181004032210j:image

(この子ホント上手かったな〜〜)

f:id:hiroyuki913:20181004034536j:image

(途中で中退した生徒が乱入するというアクシデント。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

無事、ケガ人もなく授業を終え、「今日の授業の目標は達成できた?」と聞くと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある生徒が「目標なんだっけ?」という始末。笑 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ楽しんでたようなので、今回はよしとしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

次は、「準備体操→チーム練習→試合」までリーダーが中心になって運営ができるように、作戦を練りたいと思っています!

 

 

以上2回目の「ブログ de授業👨🏾‍🏫」でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話はそれますが、ベナン初等教育の無料化が始まり就学率が100%を超えたのは、実は2007年と約10年しか経っていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、日本では1872年に「学制」が始まり、6歳以上の男女に義務教育を受けさせることが決まってから、約150年の歴史があるんです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本とベナンには約140年以上、教育の歴史の差があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、まるで明治時代にタイムスリップして授業をしているようなもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう客観的に考えると、「上手くいかなくて当たり前だよな〜笑」と気持ちが楽になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上手くいかなくて当然。

だからこそ小さなこと、改善出来ることを見つけて活動する。その地道な作業が、ベナンの教育の歴史の時計の針を「1秒」でも進めることになれば、それでいいのではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解や成果の見えにくい教育分野だからこそ、「自分の声を信じ、歩けばいい」んだと、そしてそこにこそ、協力隊員の価値があるのではないかと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近そう思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、日本でもベナンでもそうですが、活動を通して一つでも「機会や選択を与える」ことができるようになりたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の教え子に、留学経験を通して、難民や途上国出身の生徒と触れ合う機会を得て、将来は国際協力の道に興味があるという生徒がいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「先生の授業の意味が、実際に難民の人と触れ合ってわかった。」そんな、嬉しい言葉をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「帰国したら、先生のUNHCRでの勤務経験がある知り合いの方にお話しを聞きたい」とまで言っているくらい熱心です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子ども達の「チャンスや可能生を広げる」ためには「機会や選択を与える」ことが必要不可欠で、それはやっぱり教師の仕事だよな〜と思うわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「教科書の内容」だけではなく、「生き方」のモデルケースをたくさん教えられるようになりたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのために、30代どういう時間を過ごしていくべきなのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰か教えてください。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、今日、JICAの調整員さんが住宅点検でザポタに来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高田さんさ、「まだ、サソリでてない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「サソリですか?サソリ座の女のサソリ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「まだなんだ。そろそろでるかもね〜」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいやいや。

出んのかい。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

あと1年半です。

やり残したことがないように頑張ります!また、来年の7月に一時帰国します。その時、使ってないサッカーボールとかグローブとかあげてもいいよーという方いたら教えて下さい!取りに行きます!

 

 

 

 

 

 

ではまた!

f:id:hiroyuki913:20181004043344j:image

(今日の一枚。ザポタ小学校!)

 

ブログ de 授業👨‍🏫

f:id:hiroyuki913:20180924025147j:image

(初授業は算数を教えました。)
f:id:hiroyuki913:20180924025144j:image

(名前を覚えるのが一苦労。名簿作りました!)

 

 

 

 

Bonjour!!

Ça va??

先週から新学期が始まりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本とは違い、入学式がなかったり、10時くらいからご飯タイムがあったりと、1つ1つが新鮮で驚きの毎日でした。

f:id:hiroyuki913:20180924025715j:image

(食堂のおばちゃんがいて売店のような感じです。)

 

 

 

 

 

 

 

 

先週訪問した学校は、大きな敷地に学校が3つもあり、生徒数も600人くらい在籍しています。

f:id:hiroyuki913:20180924030001j:image

(顔がみんな同じに見える。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ一つにまとめないんだろう?

大きい校舎が作れないから?

学校やクラス数の増加が雇用者数を増加に繋がるから?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、いろいろなことを考えていると、

授業やってよ!」とある先生が声をかけてきて、急遽、授業をすることに。笑 それもまたアフリカ‼︎「いいよ!」と即答。

f:id:hiroyuki913:20180924030649j:image

(写真撮れうるさいので、パシャり。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、どんな授業をしたのか?

ということで、今回から新コーナー「ブログde授業👨‍🏫」を開設したいと思います‼︎笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰でも簡単にできる授業を公開し、発信していくことも、現職参加の役目なのではないかと。誰かの役に立てれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

対象は小学校6年生。足し算や引き算は出来るものの、かけ算になると間違える生徒もいるようなクラスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな問題を出しました。

ぜひ一緒に解いてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトル「居眠りトカゲ🦎」

<問題>

深さ10mの井戸の中に、トカゲがいます。トカゲは1日に、3m井戸を登ります。しかし、夕方になると居眠りをしてしまうため、2m落ちてしまいます。

 

さて、「トカゲは何日目にこの井戸を出ることができるでしょう?」という問題です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、すぐある生徒が「わかった!わかった!」と手をあげました。

f:id:hiroyuki913:20180924032223j:image

(考えろ!って言ってるのに手をあげてしまうところは、日本と一緒ですね。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、自信満々に生徒はこう答えました。正解は「10日!!!絶対10日だよ!」と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、その瞬間私はこう思いました。

計画通り〜〜!」まるでデスノート夜神月のようなに。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残念。君の答えは間違ってるよ。もう一度考えてごらん。ほれ、このペットボトルのフタを10個貸してあげるからさ。」と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、そのまま生徒による話し合いが20分が経過した頃、ある生徒の手があがりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生、答えは「8日」だ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「正解!!!!!excellent (素晴らしい)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでなんで?と他の生徒は興味津々。

ぢゃ解説してくれる?」とその生徒に解説を頼み、

f:id:hiroyuki913:20180924033507j:image

(フタを使って解説中‼︎)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなで「スッキリ!笑

f:id:hiroyuki913:20180924033833j:image

(6年生12名‼︎いい子達でした。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わかってると思いますが、念のため解説を書いておきますね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トカゲは1日に3m登り、夕方2m落ちてしまいます。つまり、1日1m上がりますね。ここまでいいですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1日目は1m

2日目は2m

3日目は3m

4日目は4m

5日目は5m

6日目は6m

7日目は7m

そして、8日目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8日目の朝の時点で、トカゲは7mの場所にいますね?そして、そこから3m上がるわけですから

「7+3=10」ですね?この時点で登りきれるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よって、答えは8日目となるわけです。

日本でもそうですが、「楽しみながら、考える力」を育むことは、とても大切なことだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜそうなるのか?生徒が自分で答えを導き出したい!」という状態までもっていければ、授業はほぼ成功でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこの授業は生徒主体ですから、あまりフランス語を話さないですむ!笑 おいしい特典つきです!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、タイトルをトカゲ🦎したのは、たまたま教室にトカゲがいたから。笑 ウサギでもカエルでもヘビでもなんでも良いので、出来るだけ生徒の身近なものを使ってあげるといいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、第1回「ブログde授業👨‍🏫」を終了します〜〜!偉そうなこと言ってばかりでごめんなさい🙇‍♂️ぜひ参考程度に!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、話は変わりますが、先程6年生は12人だったと記述しました。少ないですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この学校は低学年はものすごい人数ですが、高学年になるにつれ、人数が減っていきます。「なぜなんだろう?」その不可解な理由をいろいろな人に聞いてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その答えは、「中退者が多いから。」だそうです。小学校は義務教育ですが、お金がない、家の手伝いがある、または勉強が嫌い等々の理由で学校を去る子ども達が大勢いるそうです。

f:id:hiroyuki913:20180924035919j:image

(学校の時間に遊んでいる子ども達)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、これは知らなかった。

でも、これを知れてよかった

 

 

 

 

 

 

 

まだ始まったばかり、これから心揺さぶられる場面にたくさん出会うと思いますが、ゆっくり向き合っていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2週間後には、自転車を購入するためコトヌに行けるので、それをモチベーションにして頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、今日はここまで。また報告します!

f:id:hiroyuki913:20180924041052j:image

(今日の一枚。トビ。)