Hiroyuki⚽️Takada

教員として働きながら、フリーで国際協力をしています。

ブログde授業👨🏾‍🏫④-運動会編🏃‍♂️-

f:id:hiroyuki913:20190505063333j:image

(運動会の花形。リレー🏃‍♂️)
f:id:hiroyuki913:20190505063320j:image

(« La fête du sport »フランス語で”運動会")
f:id:hiroyuki913:20190505063326j:image

(万国旗。たまたまベナン🇧🇯と日本🇯🇵の国旗が隣り合わせという奇跡!)

 

 

 

 

 

Bonjour!!

ça va??

日本の皆さん、お元気ですか?

ベナンは猛暑が続いていますが、なんとか元気に活動しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて先日、ベナンに派遣されている教育隊員で協同して「運動会」を実施しました。せっかくなので、第4回「ブログ de 授業👨🏾‍🏫」として記事にしてみたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その前に、皆さんは日本で「なぜ運動会が実施されているか」を知っていますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たぶん、昔からの伝統行事なのであまり深く考えたことはないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかくですから、一応簡単に説明しますね!実はこの運動会ですが、日本の教育活動のなかでは「特別活動」という時間に分類されます!体育ではないんですよ〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうです!あれです!

いわゆる「特活」ってやつです。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校によっては色々ですが合唱コンも、修学旅行も、校外学習も、職場体験も、生徒会活動も、そして運動会もこの「特活」なわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特活は、集団の中の一員として自主性を育んだり、協調性や社会性の育成をねらいとして様々な学校行事が設けられています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、ベナンにはもちろん「特活」なんてありませんから一から全てを説明しなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運動会とは何か?

運動会にどのような教育効果があるのか?

練習時間はどれくらい必要か?

準備する道具は何か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本とは違い一つ一つを説明し、理解してもらうため、開催するというだけでも大変です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、今まで協力隊員が運動会を開催するまで平均3か月という時間がかかっていました。そこで、隊員が「協同」し役割分担することで1週間での開催を実現させました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、人数が増えたからといって最初から上手くいくわけではありません。

 

 

 

まず、「運動会」を開催する理由やその意義をフランス語で説明し、担任の先生にはそれを現地語で説明してもらったり、

f:id:hiroyuki913:20190505065102j:image

(これは、小学校一年生です。)

 

 

 

 

入退場の練習をするにも、整列するのにすごく時間がかかったり、

f:id:hiroyuki913:20190505065126j:image

(児童の顔が覚えられなくて、かなり苦労しました。)

 

 

 

 

競技の説明も、デモンストレーションをしながら説明しますが、初めての経験なので日本の子ども達のようにすぐにはできません。何度も何度も繰り返し練習をしました。f:id:hiroyuki913:20190505065049j:image

(これは、筏流しの練習!)
f:id:hiroyuki913:20190505065034j:image

(これは、玉入れですね!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろトラブルもありましたが、1週間の練習を重ね、いよいよ本番!

f:id:hiroyuki913:20190505070700j:image

(行進はベナン🇧🇯と日本🇯🇵の国旗を先頭に!)
f:id:hiroyuki913:20190505070740j:image

(しっかり選手宣誓もしました。)

 

 

 

 

 

 

 

選手宣誓後は、まず準備体操から🤸‍♂️
f:id:hiroyuki913:20190505070632j:image

(いち、に、さん、し〜〜)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は競技です。

1年生は「玉入れ」新聞紙を丸めて、テープで補強した手作りの玉は協力隊ならではの発想だったと思います!
f:id:hiroyuki913:20190505070732j:image

(意外と入るんですよ!)

 

 

 

 

2、3年生は「台風の目」少し長めの棒をバトン代わりにしました!
f:id:hiroyuki913:20190505070723j:image

(盛り上がったね〜〜)

 

 

 

 

 

そして、4年生は「いかだ流し」コツを掴むまで時間がかかったけど、よく頑張りました!f:id:hiroyuki913:20190505070713j:image

(中腰の姿勢ではなく四つん這いの形にしました。)

 

 

 

 

 

5年生は「組体操」。何度も何度も繰り返し練習してきれいな扇が出来上がりました!

f:id:hiroyuki913:20190506083304j:image

(さすがの身体能力!)

 

 

 

 

最後は6年生の「16人17脚」足の縄を少し減らしはしたものの、難易度の高い競技をしっかりやりきりました!

f:id:hiroyuki913:20190506173739j:image

(難しいけど、よくやりました!)

 

 

 

また、日本人ボランティア対ベナン人教員の綱引き対決もやりました。

f:id:hiroyuki913:20190505070625j:image

(ぼろ負けでした。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運動会終了後の事後アンケートで現地の先生から「スポーツは、肌の色や年齢や国を超えて誰もが楽しめるものだということがわかりました。来年もやってほしい。」という感想をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、この運動会を通して1つ気がついたことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

それは「スポーツを純粋に楽しむということはとても贅沢なことだということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本のように、小さな頃から様々なスポーツを楽しむことができ、そのスポーツを楽しむ過程を通して様々なことを学ぶことができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、当たり前のことではないんだと

私自身これまでの人生の中で、サッカーを楽しむという過程を通し色々なことを学び、成長してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言い出せばきりがないですが、そこで学んだ一つ一つが今の自分の土台となっていることは間違いありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、スポーツは国や民族、文化が異なっていても、ともに参加し、ともに楽しめるボーダーレスなものとして、自分もスポーツ活動の普及に努めていきたい!スポーツを楽しむという過程を通してベナンの子ども達にも色々なことを学んでほしい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今は、そんな気持ちです。

ベナンは、現在、日中は35度くらいになるので、もう少し気温が落ちつく季節になってから体育の授業も積極的に増やしていく予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

だから。

 

 

 

 

 

 

 

 

早く涼しくなってくれ。笑

 

 

 

 

 

 

今日はJリーグの結果とやべっちFCyoutubeで見てから寝ます!!

 

 

また更新します!

では!

 

f:id:hiroyuki913:20190506085824j:image