Hiroyuki⚽️Takada

教員として働きながら、フリーで国際協力をしています。

逆風は振り返れば追風になる。

f:id:hiroyuki913:20191228233804j:image

(フランシー特集。笑)

f:id:hiroyuki913:20191228231758j:image

(2019年お世話になりました)

 

 

 

Bonjour !!

Ça va??

 

暑い年末を過ごしています🇧🇯

四季って素晴らしいですね。笑

今回のブログでは、現在の心境を綴ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年は「生き方」について振り返り「生き様」について見つめ直す1年間だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学生の頃は教員になることが「目的」で、そのために決められた授業を受け、課題をこなし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教員になって働くようになってからは、目の前に並べられた仕事を淡々と消化する毎日で、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東日本大震災によって「命は有限」なのだから

自分の納得できる人生を生きる」と自覚していたものの、日々の忙しさに自分と向き合うことを疎かにしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にこのままでいいのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを考えているタイミングで、式根島への転勤が決まり「あ、これはターニングポイントになる」そう思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

島生活は予想をこえて、充実したものになった。時間にゆとりが生まれ、毎日定時で帰れるようになり、

f:id:hiroyuki913:20191229164110j:image

(島の風景)
f:id:hiroyuki913:20191229164118j:image

(車が来ても退けないネコ🐱)

f:id:hiroyuki913:20191229165548j:image

(秘密の道)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのおかげで、海外研修に参加したり、授業研究に没頭したりとインプットの時間は急激に増えた。

f:id:hiroyuki913:20191229165627j:image

(タイ🇹🇭スラム街)

f:id:hiroyuki913:20191230003505j:image

(タイ🇹🇭スラム街その②)

 

 

 

 

 

 

 

また、島のために「生きる」島民の方々の生き方や懐の深さを見て、

f:id:hiroyuki913:20191229164437j:image
(くさやーまんとミヤビちゃん)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと世の中の役に立ちたい」そう思い、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その頃から、教員という仕事を「手段」として

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世の中に何を伝えたいのか

何を変えたいのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつか終わる有限である人生」の中で、だんだんと自分の目指すべき姿について深く考えるようになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして「教室から世界を変える」を教師としてのミッションに据え、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのために「教科書を超えた教材に自分がなる」と決めたのが、つい最近のことだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのミッションを持ち続け、行動していると、それに「ドライブ」されて動く人がたくさん出てくるようになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、中学時代マラソンが得意だった生徒が大学生になって、途上国について興味をもち、ランニングで児童労働の啓発をするようになったり、

f:id:hiroyuki913:20191229183058j:image

(啓発しながら、マラソンに参加)

 

 

 

 

 

 

 

 

勉強が苦手で、学習に前向きでなかった生徒が「自分も協力隊に参加し、途上国についてしっかり学びたい」とメッセージをくれたこともあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他にも、式根島の生徒の保護者から「先生の影響もあって、息子が短期留学を決めた」と連絡を頂いたり、

f:id:hiroyuki913:20191230001302j:image

(懐かしいですね)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日の新潟県の荒川中学校との「パーニュプロジェクト」では、SNSを通して様々な分野の方から協力と応援をいただき、最終的には、中学生が国際理解教育プレゼンコンテストで「最優秀賞」を受賞した。

f:id:hiroyuki913:20191229162604j:image

(ザポタキッズとサンダル作り)
f:id:hiroyuki913:20191229162557j:image

(新潟の国際理解バザーで完売)

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人だけでなく、これから実施される長友ドリームベナン人の未来まで「教室から変えるチャンス」も掴み、

f:id:hiroyuki913:20191229162831j:image

(いい写真🤳)

 

 

 

 

 

 

 

 

確実に「ミッション」による「ドライブ」の効果を実感する2019年となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、最近は「40歳くらいで大学の先生に転職したい」なんて思っちゃっていて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学問の最前線で学ぶことのおもしろさを、学びたい人に全力で教え、教科書10冊分くらいの教材になりたいとまで思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのようなことを考えると、

 

やはり私が青年海外協力隊として「ベナン」に来た意味は大きいと感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「行動」したことにより自分自身がどんどん「アップデート」されたという自負もあるからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、全てが良いことばかりではなく、思い悩むこともたくさんあって、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1つの行動をとっても、無意識に日本での経験で物事を判断してしまい、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の無力さが「現地の人」の足を引っ張っているかもしれないということに焦りを感じたこともあったし、

f:id:hiroyuki913:20191229162948j:image

(私の顔をみると、なぜか泣く。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけではなく、今まで私が日本で「仕事」をできていたのは、私自身の力ではなく、周りの環境のおかげだったということにも気づかされた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

整った施設、綺麗な黒板、余るほどの教材、そのアイテムをなくした私は、完全に「医者」ならぬ「教師」だったのだと。

f:id:hiroyuki913:20191230003948j:image

(こんな綺麗な教室、当たり前ではない)

f:id:hiroyuki913:20191230004221j:image

(外にある教室。雨が降ったら終わる。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8年も経って、ようやくそれに気が付いたことに落ち込んだりもしたけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今では、この経験を「ただの経験として終わらせず、今後の財産にしたい」とまで思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

2019年は良くも悪くも「革命」の年だった。

家族を犠牲にしてまで、経験する価値がある協力隊生活だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ある意味今まで積み上げてきた自信を打ち砕かれ、謙虚さも取り戻すことができた。私は「まだまだ」これからなんだと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5年、10年かかるかもしれないけれど、必ず社会に還元したいと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、2020年はどんな年になるのだろう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職場に、家庭に、いろいろなことが変わる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかしたら自分にとっては「逆風」が吹く厳しい環境になるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ベナンで学んだ経験を生かして、その風を「追風」に変えて、少しでも「前へ前へ」進みたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教師には、世界を変える力があるということを信じて「挑戦」を続けていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年、楽しみだな〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、高田にいろいろな形で応援、アドバイスをしてくれた、たくさんの方々、本当は一人一人にお礼を言いたいところですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この場を借りて感謝の気持ちをお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にありがとうございました」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残りわずかですが、

高田は最後まで頑張ります。

2020年もよろしくお願いします!

 

 

 

それでは、よいお年を!

f:id:hiroyuki913:20191229163149j:image

(クリスマスで黒板をプレゼント🎁)

f:id:hiroyuki913:20191230040404j:image

(私はどこでしょう?)