Hiroyuki⚽️Takada

教員として働きながら、フリーで国際協力をしています。

「多様性は可能性」

f:id:hiroyuki913:20200122012106j:image

(一人一人が独立共和国。最後の総会を終えました)

f:id:hiroyuki913:20200122042801j:image

(最後の隊次服。テーマは「もし私達がCAだったらその飛行機は墜落するでしょう」です)

f:id:hiroyuki913:20200122054019j:image

(カタギとは思えない裏地。笑 八村塁スタイル。ベナンのトレンドです。笑)

 

 

 

 

 

 

Bonjour!!

Ça va??

いよいよ帰国まで残り2ヶ月になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールが見えてくると、日本に帰れる喜びがある反面、やはり寂しさもあるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日顔を合わせ「おはよう」「元気?」と声をかけ合うマダムや子ども達との触れ合いも

f:id:hiroyuki913:20200122021008j:image

(私は8家庭、約30人のベナン人と同じ長屋で暮らしています)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学校での活動から帰ってくると、家に水を飲みにくるフランシーとのカフェタイムも

f:id:hiroyuki913:20200122021618j:image

(冷蔵庫勝手に空けて飲みます。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学費を稼ぐために、サンダルを作って販売したあの日々も

f:id:hiroyuki913:20200122051043j:image

(プライベートブランド!高田のサンダル)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終わってしまうのだな」と。

日本に戻ったら忘れてしまうだろうベナンでの「日常」をしっかりと目に焼き付けておきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今はそんな気持ちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はベナンに来て共に生活している長屋のファミリーにすごく感謝していることが1つあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、彼らが私を「外国人」としてではなく「隣人」として扱ってくれたことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通、人は自分と異質なものを見たとき、わかっていても無意識に境界線を引いてしまうものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベナンで生活していても「シノワ(中国人)」と言われたり「ヒーハーヒーハー(ニーハオ)」と言ってバカにしてくる人もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで差別をされたことなんてなかったので、そんな毎日に心をすり減らした時もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未知なるものに触れた時、わかっていても人は驚いてしまうし、自分の周りの風景が全てかのように思い込み、それ以外の多様性に思いが至らないこともあるでしょう。それは、ある意味自然なことなのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、長屋ファミリーは違いました。

f:id:hiroyuki913:20200122012605j:image

(朝のクセの強い運動!)

f:id:hiroyuki913:20200122022316j:image

(変顔選手権🤪)

f:id:hiroyuki913:20200122053914j:image

(大人達は写真を嫌がって全然撮ってくれなかった)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼らは、私を特別扱いすることもなく、肌や言葉で差別することもなく、1人の人間として、いつも私に日常の空間を与えてくれた気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん喧嘩もたくさんありました。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の家の玄関で、トビがおしっこをした時、私は怒り「あなたの家にトイレはないのか!」と母親と口論してしまったこともありました。笑

f:id:hiroyuki913:20200122022413j:image

(今考えれば、大人が「おしっこ」で喧嘩をするなんてくだらない話です。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他にも、大音量で歌い、踊り出す一家に「クラブか!!」と怒鳴り散らしたこともありました。笑

f:id:hiroyuki913:20200122052614j:image

(これに関しては他の家も抗議していました。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、いつだってお互いの中にある「誤解」から背を向けることなく、真摯に受け止める姿勢があったからこそ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の心の中に彼らに対して「感謝」の気持ちがあるのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、私は隣のマダムにこんな質問をしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ外国人の私に親切にしてくれるの?」と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

するとマダムは昔を思い出すように答えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの前にいた日本人も素敵な人だったわ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隣にいた別のマダムが続けてこんなことを言いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「外国人は私にとって特別な人だったけど、彼女は私達と同じように笑ったり、泣いたり、寂しそうな顔をしたり、私達と何も変わらなかった。今のあなたのようにね?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たったそれだけの会話だけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたと私は何も変わらない。ただの隣人」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう言っているように聞こえて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泣けた。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人とか、ベナン人とか、白人とか、黒人とか、○○人とか、何か特定のものに括ることに大きな意味はなく、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人一人違う人間として、多様性を受け入れていくことの大切さを家族から教えてもらった気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから日本に帰国します。

日本が「多様性」を受け入れ、さらなる「可能性」を見出せる社会にするためには、どうしたらよいのだろう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その鍵は「教師」が握っている。

私はそう思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年、ラグビーW杯が開催され、多くの日本人が国境を超えたスクラムに魅了されたことは記憶に新しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国籍も文化も違う、多様なルーツを持つ選手で構成された日本代表が「ONE TEAM」となって戦う姿に多くの人が感動しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうです。

ラグビーというスポーツを通して、おそらく私たちは、もうわかっているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「旧来までの、同じ肌の色に黒い髪、日本語を話し、同じ文化や慣習を持つ人こそが「本当の日本人」ではなく、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえルーツは違えど、日本という国に誇りを持ち、ともに一丸となって未来を作っていく人達こそが、今の日本に必要な「日本人」だということを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テレビの前で試合に釘付けになり、スタンドでは身を乗り出しながら応援をする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時に、私たちの中に国籍や肌の色を気にした人なんていたのでしょうか。彼らが、母国の代表より、日本を選び、日本のために戦ってくれていることに私は心が震えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラグビー日本代表の姿は、未来の姿を先取りしている、まさに日本が目指すべき未来を指し示すメッセージだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを考えると、だからこそ「多様性の土壌」を作っていく「教師」の役割は大きいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がベナンで長屋ファミリーから「隣人」として扱ってもらったように、私も日本にいる外国出身の方々に同じように接したいし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当たり前」に多様性を受け入れられる子ども達を学校で育てていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベナンで学んだことを生かし、

 

 

 

 

 

 

 

 

教室の中で「多様性が輝く場」を作り出せるように、そして日本に新しい「」を作り出せるように、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残り少ないベナン生活を大切に過ごしたいと思います。

頑張るぞ〜!

 

 

最後に、長友ドリームが来月実施されることになりそうです。今は学校に掲示板を作ったり、グラウンドの整備を続けています!

 

 

 

そちらも楽しみに!

ではまた!

f:id:hiroyuki913:20200122043926j:image

(掲示板完成!)
f:id:hiroyuki913:20200122043914j:image

(さっそく効果あり!)